ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

オイル表示の読み方

オイルの性能はどのようにわかる?

エンジンオイルの4リッター缶には、性能を表すいくつかの表示があります。その中で、最小限押さえていただきたいのが、粘度とAPI規格です。

オイルの粘度は、SAE(アメリカ自動車技術者協会)の分類により、「10W-30」「0W-20」などと表示されています。このWはWinter(冬)の略で、前半の数字は10、5、0と小さくなるにつれ低温で固まりにくい特性を持っています。0Wは零下35度、5Wは零下30度、10Wは零下25度まで使用可能です。10Wよりも5Wのほうが、エンジン始動時における負荷が小さく、燃費も良くなります。20、30、40といった後半の数字は、高温時(100℃)における粘度を表します。数字が高くなるほどオイルが固くなることを示しています。

大排気量のターボ車や、エンジンを高回転まで回して走る人は、5W-40等の固めのオイルがいいでしょう。また、欧州車は固めのオイルを指定している場合があります。これはアウトバーン走行時、過酷な走行を想定しているためで、油膜の厚い固めのオイルがエンジンを守るために有効というわけです。

逆に、小排気量のクルマや一般走行のクルマであれば、0W-20、5W-20といったやわらかいオイルのほうが燃費は良くなります。おクルマのオーナーズマニュアルをご確認いただき、ベストマッチなオイルを選んでください。当社ウェブサイト内でもご確認いただけます。

API規格とは?
API(アメリカ石油協会)SN規格
API(アメリカ石油協会)SN規格
API規格は、米国石油協会(API)とSAE、そしてアメリカ材料試験協会(ASTM)の三者が協力して定める規格です。ガソリンエンジン車はS、ディーゼルエンジン車はCではじまり、後のアルファベットが進むほど、性能が高くなります。2010年10月1日から最新のSN規格が発効されました。出光ではゼプロ エコメダリスト、ユーロスペック、ツーリングの3油種でSN規格をクリアしています。
GF-5規格とは?
GF-5規格
日米の自動車工業会(ILSAC)が制定する規格で、API規格に省燃費性能を加えたものです。2010年10月1日より、GF-5へグレードアップされました。出光ではゼプロ エコメダリストとツーリングがGF-5規格をクリアしています。

ピックアップ

出光のエンジンオイルは出光のサービスステーションでお買い求めいただけます。
このページの上部へ