ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

オイルのギモンQ&A

ディーゼルエンジンにガソリンエンジン用のオイルを使っても大丈夫?
ガソリン用とディーゼル用では、オイルに対する要求特性が異なります。ディーゼル用は、軽油中の硫黄分を中和するためにアルカリ性添加剤を強化しています。また、ディーゼル特有のすす、汚れを洗浄するため、清浄分散剤を強化しています。一方、ガソリン用に必要な特性は、高速回転に対応できる動弁系の摩擦防止になります。やはり、それぞれ専用のオイルを使用することが望ましいですね。
オイルを規定以上に入れるとどうなるの?その逆に少ない場合は?
オイルが少ない場合は、オイルの休息時間が不足するため、劣化が早まります。また、坂道や横Gがかかるポイントでサクション量不足が生じる場合があります。オイルが多いと摩擦ロスが増えるため、燃費が悪化しパワーもダウンします。さらに多いと燃焼ガスと混合して、マフラーから排出されることもあります。
古いエンジンに新しいSN規格オイルを使うとどうなるの?
古いエンジンに新しいSN規格のオイルを使っても問題は生じません。古いクルマでのオイル選びでは粘度グレードの選択が重要となります。古いエンジンにはクリアランスを考え、固めのオイルを使用するほうがよいでしょう。固いグレードのオイルはオイル消費等を抑えたり、ブローバイガスの混入を防ぐといった効果があります。
エンジンによってオイルの劣化に差はあるの?
エンジンにより、差はあります。とくにブローバイガスが多いエンジンは厳しいです。ブローバイガスがオイルに多量に混入すると、その中に含まれる高温の腐食性ガスにより、より厳しい酸化環境にさらされるためです。従って、オイルの開発段階でNOX吹き込みによる劣化試験等を実施して、腐食性ガスに対する耐久性も考慮しています。
鉱物油に化学合成油を混ぜても大丈夫?
全く問題ありません。鉱物油に合成油を混ぜるとその中間の性能になります。その逆も同様です。ただし、一般には性能の低いオイルに引っ張られる傾向があります。オイルは単純な混ぜ物ではなく、最適なバランスを考慮して配合されており、市販のオイルを自分でブレンドして使ってもあまりメリットはないでしょう。
ATFの交換時期は?
初期性能を保つために、2万km走行を目安に交換をおすすめしています。ATFは、一般に粘度指数が非常に高く、粘度指数向上剤としてポリマーを使用しています。このポリマーが約2万kmで粘度低下するためです。
オイルフィルターを交換しないとどうなるの?
フィルター機能が低下し詰まってしまうと、リリーフバルブが開きます。フィルターを通らないオイルにより、通常通りの潤滑が行われますが、不純物が濾過されていないため、エンジンに悪影響を与えてしまいます。
市販の添加剤の効果は?
添加剤を添加することによる摩擦係数の低下を、体感できるものもあります。反面、使用方法によっては、オイルやエンジンに悪影響(フィルターの目詰まりやスラッジの生成等)を与える可能性も否定できません。エンジンオイルは、あらかじめ適切な添加剤がバランスを考慮して配合してあり、後から市販のオイル添加剤を加える必要のないように基本設計してあります。 これらの製品を使うかどうかは、ユーザーの判断に委ねられます。ユーザーのクルマに対する考え方、使用方法によって異なるからです。

ピックアップ

出光のエンジンオイルは出光のサービスステーションでお買い求めいただけます。
このページの上部へ