ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

オイル交換のマメ知識

オイルが劣化することの悪影響は?

オイルを交換しないで長く使うと、添加剤の消耗、熱や空気による酸化、混入物による汚れが起きます。そして、粘度が増すことで、フリクションロスが増え、燃費の悪化やパワーダウンを引き起こします。しかしこれらは、緩やかに進行するので一般のドライバーにはなかなか判断が難しいようです。

さらに劣化が進むと、オイルがドロドロに固まり、オイル供給ラインが閉鎖され、異常摩耗と金属の溶着が起きます。またスラッジがピストンリング周りに堆積することで、リング膠着をまねきます。最悪の場合は、コンロッドの足だしといったトラブルに至ることもあります。

オイル劣化の判断方法は?

大多数の人は走行距離を目安にオイル交換を行います。確かに、クルマを使用しなければ、オイルは一年程度ではほとんど劣化しません。しかし、注意しなければならないのは、町のちょい乗り運転(エンジンが完全に暖まらない状態での運転)が多い人の場合です。

エンジンオイル内の水分(結露)が抜けず、これが原因でスラッジを発生させることがあり、距離を走らない運転でも、オイルは劣化することがあります。従って、走行距離と使用時間の両方で判断する必要があります。

交換のタイミングは?

オイル交換の基準として、早めなら3,000km毎、長くても5,000km毎の交換をお薦めします。カーメーカーの交換基準キロ数を守っていれば安心ともいえますが、これは交換上限と考え、メーカー指定の2分の1程度が一つの目安となります。なぜなら、町乗りの場合、渋滞などほとんど停止状態でもエンジンは回っていますから、この分も計算に入れて考える必要があるためです。

新車を買ってからどれくらいでオイル交換が必要?

新車初充填オイルは、各メーカーの独自の規格をパスしたオイルが使用されており、品質面では問題ありません。従って、基本的には購入直後ではなく、メーカー指定の交換時期にあわせればよいことになります。

一般的には、ならし運転後(1,000km点検時)に交換する人が多いと思われます。ただし、最近のクルマは工作精度が向上し、初期のならし運転をそれほど必要としないものもあるので、購入時に確認するほうがよいでしょう。

種類の違うオイルを混ぜるとどうなる?

オイルを注ぎ足して使う場合、違う種類のオイル、例えば合成油と鉱物油を混ぜても大丈夫かという疑問が良く寄せられますが、全く問題ありません。ただし、一般的には性能の低いオイルに引っ張られる傾向があります。

オイルの上手な交換方法は?

オイル交換の目的の一つにエンジン内部の不純物(空気中の塵、燃焼カス、オイルの劣化物、金属摩耗粉など)の排出があります。ですから、オイルは注ぎ足しではなく、なるべく劣化物を残さないように交換することが重要です。

その場合、上抜きか、下抜きが良いか、よく問題になりますが、これは、エンジンの構造によって異なります。大抵のエンジンは、設計上、オイルパンの真下にドレンボルトを設けていません。その場合、ドレンから一滴もこぼれない状態にしても、オイルは抜けきりません。従って、適切な方法であれば、上抜きの方がベターです。

金属分がオイルパンに貯まるから下抜きだ、という人もいますが、オイルさえ抜けないドレンから、オイルパンの底にあるものは抜けるわけがありません。実際、上抜きと下抜きで0.3〜0.5ℓの差が出る車種もあります。しかし、レベルゲージの構造から、上から抜けないオイルパンもあります。

季節による違いとしては、やはり熱の影響を受けやすい夏はオイルが痛みやすく、オーバーヒートを起したときは、熱劣化を生じている可能性があるので注意が必要です。

ピックアップ

出光のエンジンオイルは出光のサービスステーションでお買い求めいただけます。
このページの上部へ