ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • Global

緊急対応訓練を実施
―「伊勢湾沖で他船と衝突後、貨物油流出」を想定―

2016年10月20日

2016年10月20日、管理船VLCC"SUPER ZEARTH"の衝突及び油濁事故を想定した緊急対応訓練を本船の定期用船者である昭和シェル船舶株式会社殿と合同で実施しました。
訓練では、両社ともに緊急対策本部を設置し、出光興産関連部門や日本海事協会等、多くの方々に参加・協力いただいたことで、関係各所との連携を深めた実践的な訓練となりました。

事故想定

"SUPER ZEARTH"が伊勢湾沖で内航船と衝突し、同船のカーゴタンクから貨物油が海上に漏洩。

訓練の流れ

  1. 本船より事故発生の連絡を受け、直ちに緊急対策本部を設置。
  2. 当該事故に関する情報を、関係各所や昭和シェル船舶殿、出光興産に連絡。(模擬含む)
  3. 流出油防除、負傷者救助、損傷部修理に関し、緊急対策本部で協議、対応。
  4. 事態の進展に合わせて順次プレスリリースを配信、用船者からの問い合わせに対応。
出光タンカーでは毎年、緊急対応訓練を実施しています。今後も無事故・無災害の継続を強く意識し、今回の訓練を通して得られたノウハウの活用、問題点の改善を行うことで、万一に備えた緊急対応体制の構築に取り組んでまいります。
  • 訓練風景1
    訓練風景1
  • 訓練風景2
    訓練風景2
このページの上部へ