ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

ライダー・監督

各ライダーと監督の抱負〜2018年シーズン開幕に向けて〜

青木 博一 ‐ チーム監督

監督という機会を下さったHonda Team Asiaに感謝します。私自身がチャンピオンになれたのも、多くの方々の協力があってのことでしたので、今度は私が次の世代のライダーたちをサポートしたいと思っています。鳥羽選手とナカリン選手は、彼らがアジアタレントカップ、CEVレプソルインターナショナル選手権で走っている頃から知っているライダーたちです。それぞれのキャラクターも分かっているので、彼らがMoto3の選手としてさらに成長できるような環境を整えたいと考えています

鳥羽海渡

今シーズンは世界選手権への参戦1年目で苦戦しましたが、多くのことを学ぶことができました。来シーズンは青山さんが監督になられますが、青山さんは2015年のCEV Moto3参戦時から、コースサイドで自分の走りを見てくださっているので、自分のことをよく分かっていただけていると思います。今期の経験を活かし、また、青山さんのアドバイスをいただきながら、チャンピオン争いができるよう、オフシーズンからしっかりと準備をしてがんばります。

ナカリン・アティラプバパト

今シーズンは失敗からさまざまなことを学んだので、それを活かして来季を戦いたいと思っています。来年に向けて一層トレーニングに励む必要があります。レースでいい成績を収めるために必要なフィジカルとメンタルのトレーニング、コミュニケーションを円滑にするための英語の勉強が特に重要だと考えています。
このページの上部へ