世界の生活を変える有機EL、
苦労しただけ報われる仕事

出光で輝くヒューマンドキュメント
電子材料部 電子材料需給センター 御前崎製造所重久 大麿 2009年入社

現在の私の仕事

私は御前崎製造所で、有機ELの粉砕・成型の技術担当、運転を担当しています。有機ELを用いたパネルは、スマートフォンやテレビなどに採用され、今後は照明用途にも期待されており、私たち製造に関わる技術者の責任も増す一方です。私が取り組む課題は幅広いのですが、たとえば、より成型しやすい粉を作るための条件や装置の検討があります。また、工程で成型不良が発生すれば、その原因を解析して対策を立案・実行しています。この対策にあたっては社内外の専門家の意見をあおぎ、御前崎製造所の英知を結集してベストを尽くします。また、お客様への供給スケジュールに基づいた成型生産計画も重要な仕事。立案した生産計画を基にして、装置の運転指示を出していきます。

印象に残っているエピソード

お客様から、ある工程の削減と製品の物性改善を短期間で求められたことがありました。私はこれに応えるうえで、当該の工程削減だけではなく、そのひとつ前の工程の変更を提案しました。具体的には、前工程に使用している装置と条件の見直しです。たんに思いつきのアイデアではなく、社内外の専門家とも相談を繰り返し、周囲の理解を形成しながら検討していったのです。その結果、お客様の要望通り工程を削減でき、同時に製品の物性改善も達成できました。初めて製造したサンプルをお客様にお見せしたところ、「素晴らしい製品だね!」と喜んでもらえました。その言葉は一生忘れないでしょう。短期間での検討だったので非常に苦労しましたが、自分で決めた方針を貫いて良かったと思いました。

自分が輝いていると思えた瞬間

やりがいは有機ELという最先端の商材に携わっていることです。有機ELを用いて製作されたパネルは、薄い・軽い・省エネなどさまざまなメリットがあり、次世代の大型テレビや照明用途として期待され、世界中の人々の暮らしを変える可能性があります。この最先端の材料を、誰もまだ考えたことのない製造法で、世界に供給できる。まさに技術者冥利に尽きます。ただし、有機ELの量産化に関しては未知の部分も多く、問題解決に至るまでに時間がかかったりして辛いことも少なくありません。しかし、そんな苦労があるからこそ、以前より良いもの製造できる方法を見つけたときは、嬉しさも大きい。また、将来的には海外で活躍する機会もあるでしょう。いまから国際的な情報に目を配っています。
1Day Schedule
OFF TIME
家から車で5分の掛川花鳥園に、フクロウを見に行くことが楽しみです。触り心地はフワフワで、このかわいらしさにやられました。日々の疲れも癒されます。