自分の研究開発が実際の
製品製造に反映される手応え

出光で輝くヒューマンドキュメント
アグリバイオ事業部 アグリバイオ技術課江口 貴紀 2009年入社

現在の私の仕事

私は現在、生物農薬の有効成分であるバチルス菌(納豆菌の仲間です)の製造プロセス開発を担当しています。工業生産スケールで効率良くかつコストを抑えて、安定的に製造するにはいかなる製造条件が必要なのか。検討は、研究室のフラスコレベルの試験からはじめます。そこで得られた知見を基に小スケールでのパイロット試験を行い、最適と思われる製造条件を確立。現在は、実製造を予定している海外の製造プラントでのパイロット運転に向けて、先輩社員とともに海外の技術者と製造条件の詳細を詰めている段階です。私が入社した当時から、出光は国内の生物農薬の市場拡大をリードしていくポジションにありました。いまその最前線を担っているので、とてもやりがいを感じますね。

印象に残っているエピソード

これまでに最も嬉しかった経験は、バチルス菌とは異なる生物農薬の有効成分(糸状菌:カビの仲間です)について、生産性の向上とコストダウンを両立する難易度の高い製造プロセス改良を担当し、研究室レベルの検討から製造委託している工場にあわせたスケールアップ技術の完成まで達成できたことです。成果が出るまでに様々な問題が生じましたが、社外の現場技術者との協力によってすべて克服しました。目的意識を共有することの大切さがわかりましたね。大学時代の研究活動とは違い、自分たちの成果が直接モノづくりに反映され、会社の収益にも貢献できることが嬉しいです。それまで味わったことのない、大きな達成感や充実感を得ることができました。

自分が輝いていると思えた瞬間

この仕事の最も大きなやりがいは、自分で開発・改良した技術が実際の製品製造に反映できることです。出光の理念に「人間尊重」や「独立自治」が掲げられていますが、それは技術者についてもあてはまります。課題に対して自ら方策を立案・検証するだけでなく、社内外との調整事についても入社間もないころから任されました。先輩のサポートは十分にありますが、自分が出光の代表として社外の製造先などの技術者と打合せを繰り返していきます。自分の提案が受け入れられたときの手応えは忘れられません。アグリバイオ事業部では現在、農業・畜産分野とも海外展開を加速しています。その環境のなかで、私もグローバルに活躍できる出光人として成長していきたいですね。
1Day Schedule
OFF TIME
入社5年目の春に大学時代の同級生と結婚。休日には、二人でテニスやゴルフの練習に出かけています。幸せな家庭を築いていきたいと思います。