ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

創蓄電分野

リチウムイオン二次電池用固体電解質

リチウムイオン二次電池は、携帯電話やモバイルパソコン、デジタルカメラなどに搭載され、我々の生活に無くてはならない存在となっています。さらに、従来の電池に比べ軽量、且つ大きな電力が得られることから、今後ますます市場の拡大が予想されています。

昨今の環境に対する意識の向上から、EV(電気自動車)やHEV(ハイブリット自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド自動車)といった車載向けに大型のリチウムイオン二次電池が搭載されるようになり、排気ガス削減の一端を担っています。また、住宅用や産業用の定置向けにも適用が拡大しています。

現在のリチウムイオン二次電池は、電力を発生させるためにリチウムイオンが通る電解質に液体(有機溶媒)が使われています。出光では、これを固体にするという、電池の常識を打ち破る試みを行っています。

電池の中身が漏れ出てくる。電池の破裂、発火などのトラブルが発生する。
それは、イオンを通すための電解質が燃えやすい有機溶媒であることが一因です。
そこで出光では、独自の製造技術を有する「硫化リチウム」を使い、燃えにくく安全な固体電解質を開発しています。
この固体電解質を用いた全固体リチウムイオン二次電池は、次世代の高性能リチウムイオン電池としての期待が高く、市場からも注目されています。
このページの上部へ