ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

石炭評価システム

新規炭のプラント性能を高精度に予測し、石炭ボイラーでの使用炭種拡大を支援します。
出光が長年培ってきた炭質評価技術を結集。多くの微粉炭火力発電所・工場で採用されています。
石炭評価システム

特長

迅速で正確な新規炭種の使用可否判断
燃焼試験(トライアル)期間の短縮、費用低減
トラブルの事前予測と対応策検討
未然にトラブルを回避
最適な混炭条件の検討
豊富な技術情報(炭質評価技術、トラブル事例、鉱山情報など)

システムの概要

システムの概要
石炭の一般性状を入力するだけで、ボイラー運転条件に合わせたプラント性能の予測ができます。評価結果はExcel形式のレポートとして保存されます。

なぜ正確なプラント性能予測ができるのか?

従来の炭質評価指標は、実機の運転条件を反映していなかったり、不均質な石炭を均質な物質として取り扱かっていたりしたため、定量的で正確なプラント性能予測は困難でした。

出光では、化学的な試験・解析と実機を予測するためのエンジニアリング技術を駆使して、信頼性の高い予測指標を開発し、システムに組み込んでいます。

特に、炉内の熱バランス、粒子滞留時間、燃焼速度などから、温度分布、灰中未然分、NOx濃度などを予測するボイラーモデルを内蔵しており、運転条件(ボイラー負荷、ECO出口酸素濃度、ダンパ開度設定など)を変更したときの予測も可能です。
なぜ正確なプラント性能予測ができるのか?

納入実績

最新鋭の微粉炭火力発電所の運転に活用されているシステムです。
「出光石炭評価システム」は1992年に開発され、ユーザーニーズに対応しながら進化してきました。現在までに、電力9社(19基)、鉄鋼1社、一般産業4社で採用され、使用炭種の選定、日々の運転管理、トラブル回避、新規炭のトライアルなどに活用されています。

ピックアップ

出光興産をもっと「知る・楽しむ」ためのコンテンツ
石油開発など資源事業の取り組みをご紹介します
このページの上部へ