ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

バイオガソリン

バイオガソリンとは

「バイオガソリン」とは植物生まれの燃料をガソリンに配合したガソリンです。従来のガソリンと同じようにレギュラーとハイオクの2種類があり、通常のガソリンとまったく同じ使い方ができます。植物生まれのバイオガソリンも燃焼時にCO2を発生します。しかし、植物は成長する過程で光合成によって大気中のCO2を吸収しているので、バイオガソリンは地球温暖化防止に役立つと考えられています。
バイオガソリン バイオETBE配合 バイオガソリンは、植物生まれの燃料をブレンドしたガソリンです。バイオETBEが1%以上配合されています。

バイオガソリンの供給体制について

石油業界は政府の要請を受け「輸送用燃料におけるバイオマス由来燃料の利用」に取り組んでいます。出光興産も石油連盟およびバイオマス燃料供給有限責任事業組合(JBSL)の一員としてバイオガソリンの供給に参画しています。

石油業界が推進しているのは、バイオETBE(エチル・ターシャリ−・ブチル・エーテル)を混合して製造するバイオガソリンです。バイオETBEは、植物を原料とするバイオエタノールと石油を原料とするイソブテンを合成して製造しますが、現在は、その多くを輸入しています。
輸入されたバイオETBEは、日本の輸入基地で一旦保管し、その後、国内のバイオガソリン製造製油所でガソリンに配合されます。

出光千葉製油所は、東日本地域のバイオETBEの受け入れと払い出しおよび保管業務をバイオマス燃料供給有限責任事業組合(JBSL)より受託して行っています。

今後の展開について

バイオガソリンは、2007年4月から石油各社の首都圏約50個所のSSで試験販売され、2009年から本格導入されました。出光も2007年の試験販売からこの取り組みに参画しています。

2010年度のバイオETBEの導入量は石油業界全体で原油換算21万klでしたが、2011年度以降は、「エネルギー供給構造高度化法」の非化石エネルギー源の利用目標に基づき、2017年度に原油換算50万kl(201l年度の約2.4倍)導入に向けて取り組みます。

ピックアップ

石油連盟のサイトです。バイオガソリンについての詳しい情報はこちらをご覧ください。
バイオマス燃料供給有限責任事業組合 のサイトです。バイオETBEの輸入・国内調達、受入れ基地の整備、輸送についてはこちらをご覧ください。
このページの上部へ