ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

出光音楽賞受賞者のご紹介

2017年度出光音楽賞受賞者のご紹介
(50音順/敬称略)

上野 耕平(ウエノ コウヘイ)(サクソフォン) Kohei UENO

茨城県東海村出身。
8歳から吹奏楽部でサクソフォンを始め、東京藝術大学器楽科を卒業。
指揮者山田和樹氏には「耕平は、1音を聴いただけで、ただ者ではないと思った!」またボストンポップスオーケストラの音楽監督であり指揮者であるKeith Lockhartには「サクソフォンのこんな音聴いた事がない。目が飛び出るほど驚いた!」と言わしめた。
第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門において、史上最年少で第1位ならびに特別大賞を受賞。2014年第6回アドルフ・サックス国際コンクールにおいて、第2位を受賞。現地メディアを通じて日本でもそのニュースが話題になる。
また、スコットランドにて行われた第16回世界サクソフォンコングレスでは、ソリストとして出場し、世界の大御所たちから大喝采を浴びた。
2016年のB→C公演では、全曲無伴奏で挑戦し高評価を得ている。
常に新たなプログラムにも挑戦し、サクソフォンの可能性を最大限に伝えている。
現在、国内若手アーティストの中でもトップの位置をしめ演奏活動のみならずメディアへの出演や、サックスカルテット「The Rev Saxophone Quartet」、吹奏楽「ぱんだウインドオーケストラ」のコンサートマスターとしても活躍中。
CDデビューは2014年「アドルフに告ぐ」、2015年にはコンサートマスターを務めるぱんだウインドオーケストラのCDを、2017年にはThe Rev Saxophone QuartetのデビューCDをリリース。2017年12月には3枚目のソロアルバム無伴奏バッハ「BREATH」をリリース。
第28回出光音楽賞受賞。
OfficialHP: http://uenokohei.com

岡本 侑也(オカモト ユウヤ)(チェロ) Yuya OKAMOTO

第80回日本音楽コンクールチェロ部門第1位 併せて岩谷賞(聴衆賞)を含む4つの特別賞を受賞(2011年)
エリザベート王妃国際音楽コンクールチェロ部門第2位・イザイ賞(2017年)
第25回新日鉄住金音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞(2014年度)
第16回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞(2017年)
第28回出光音楽賞受賞(2017年度)
(公財)江副記念財団第42回奨学生
(公財)ローム音楽財団2013年度・2014年度奨学生

すでにリサイタル、室内楽、国内外のオーケストラとの共演、テレビ出演と第一線での演奏活動を展開し、「大器を予感させる才能」と今世界が最も注目する1994年生まれのチェリスト。これまでに東京フィル、仙台フィル、新日本フィル、読売日響、東京都響、日本フィル、セントラル愛知響、ブリュッセル・フィル、バート・ライヒェンハル管、アントワープ響、ワロニー王立室内管などと共演のほか、室内楽公演にも積極的に出演。
東京オペラシティ『B→C』で幕を開けた2018年は、続いて高関健指揮名古屋フィル、東日本大震災復興支援チャリティコンサート ”クラシック・エイド”、東京・春・音楽祭に出演。このあとも関西フィル定期演奏会(5月)、クロアチアでの音楽祭(7月)、山形交響楽団定期演奏会(9月)、小林研一郎指揮東京都交響楽団、生誕160周年記念イザイ音楽祭ジャパン(10月)等に出演が決まっている。
H=J.ゼーフルート、山崎伸子、W=S.ヤンの各氏に師事。ドイツ・ミュンヘン音楽大学を首席で卒業し、現在はミュンヘン音楽大学大学院でユリアン・シュテッケル氏に師事している。

辻 彩奈(ツジ アヤナ)(ヴァイオリン) Ayana TSUJI

1997年岐阜県生まれ。2016年モントリオール国際音楽コンクール第1位、併せて5つの特別賞(バッハ賞、パガニーニ賞、カナダ人作品賞、ソナタ賞、セミファイナルベストリサイタル賞)を受賞。3歳よりスズキメソードにてヴァイオリンを始める。2009年、全日本学生音楽コンクール小学校の部にて全国第1位を受賞。11歳にて名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演後、多くの国内外のオーケストラと共演。これまでに、モントリオール交響楽団、チェコフィルハーモニー室内合奏団、シュトゥットガルトゾリステン、チェコ国立室内管弦楽団パルドビツェ、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、セントラル愛知交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団などと共演している。また室内楽においては、12歳にて初リサイタルを行って以降、宗次ホール、サラマンカホール、紀尾井ホールにてリサイタルを実施。チェロの堤剛、ピアノの江口玲、伊藤恵の各氏らとの共演を行っている。2017年、岐阜県芸術文化奨励を受賞。現在東京音楽大学に特別特待奨学生として在学中。これまでに小林健次、矢口十詩子、中澤きみ子、小栗まち絵、原田幸一郎の各氏に師事。使用楽器は、NPO法人イエローエンジェルより貸与されているJoannes Baptista Guadagnini 1748である。2018年3月、第28回出光音楽賞を受賞。同年4月には、モントリオール国際音楽コンクールの模様を収録したCDをワーナークラシックス日本人初のセンター契約アーティストとしてリリース。

出光音楽賞歴代受賞者

ピックアップ

オーケストラを中心にした音楽会、当社提供番組のご紹介です
このページの上部へ