ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

「Music in Museum by出光 伝統と革新」を開催しました

2015年12月10日
2015年11月28日、知多市勤労文化会館において「Music in Museum by出光 伝統と革新」を開催し、地元の皆さまへの感謝を込めて、約900名の市民・関係者の方々をお迎えしました。
「Music in Museum by出光」シリーズは、音楽をきっかけに美術を楽しんでいただくことを目的に、アートとアートが響き合うコンサート・シリーズとして、06年より各地域で年1回開催しており、ここ知多市では9回目の開催になります。

美術展

今年の美術展は、知多市制45周年、愛知製油所操業40周年を記念して、出光美術館の出品協力により、同市歴史民俗博物館にて特別企画展「出光美術館コレクション 人間国宝・三代山田常山 故郷に帰る」として、約65点の作品を紹介しました。
三代山田常山(1924〜2005)は常滑市出身の陶芸家で、祖父の初代山田常山、父の二代常山の下で朱泥急須を中心とした伝統技法を学び、その伝統を忠実に継承しながら、そこに今日的感覚を盛り込んだ急須造りに挑んだ作家でした。多彩な急須の世界を築いた功績により、平成10年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。出光美術館では20年以上に亘り作品を収集しており、出光コレクションとして初めて地元に里帰りしました。

コンサート

コンサートは、美術展とのコラボレーション企画ということで、「伝統と革新」と題して、西洋音楽の世界の伝統とその革新性に注目したプログラムとしました。
出演者には、栄えある第1回出光音楽賞受賞者・豊嶋泰嗣氏と弦楽アンサンブル8人を起用。「高い技術に裏打ちされた弦楽器」を主体とする演奏の魅力を存分に堪能していただけるよう、聞き応えのあるクラシック曲を中心に、アンコールを含め全12曲お届けしました。

コンサート 第1部

モーツァルト:交響曲第40番より 第1楽章

コンサート第1部では、「モーツァルト交響曲第40番より 第1楽章」から始まりました。
曲の冒頭の独特な翳りを帯びたメロディは“ため息のモチーフ”とも呼ばれ、世界で最も知られたメロディでしょう。
 

ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲集《四季》より 「冬」

曲目は、「ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集《四季》より「冬」」、1725年に12曲のヴァイオリン協奏曲からなる「和声と創意への試み」を発表し、その中の第1集が《四季》という名前で親しまれてきました。
 

チャイコフスキー: 弦楽セレナードより 第1楽章

5曲目、「チャイコフスキー: 弦楽セレナードより第1楽章」で第1部は終了です。
 
 

コンサート 第2部

第2部では、同博物館杉浦学芸員が大きなスクリーンを使って特別企画展作品を解説した後、ベートーヴェンからスタートです。

ヴォーン=ウィリアムズ: グリーンスリーヴスによる幻想曲

7曲目、「ヴォーン=ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲」は、イングランドの古い歌「グリーンスリーヴス」をベースにした作品で、元々は1928年に完成されたオペラ「恋するサー・ジョン」第3幕の間奏曲として作曲したものです。
 

モンティ: チャールダッシュ

9曲目は、「モンティ:チャールダッシュ」この曲のタイトルでもある「チャールダッシュ」は元々「酒場風」という意味のハンガリー音楽の一つです。ジプシー風の陰りを帯びたメロディは19世紀にウィーンなどで大流行しました。憂いと同時に躍動感も併せ持つため、ヴァイオリン奏者達にとって格好のアンコールピースとなっています。
 

バッハ: 無伴奏パルティータ第2番より “シャコンヌ”

10曲目は、「バッハ:無伴奏パルティータ第2番より “シャコンヌ”」 パルティータ第2番は5部構成で、最後がこの曲“シャコンヌ”です。無伴奏ということもあり、ヴァイオリニストにとって重要なレパートリーとなってきました。
 
 

アンコール曲

アルハンブラの思い出

アンコールは、「アルハンブラの思い出」と、2曲は、豊嶋氏のソロ演奏となりますので、是非じっくりご覧ください。
 
2曲目最後のアンコールでは、TV番組でも有名な「情熱大陸」を9名協奏にてお送りしました。秋も深まる中、心に染み入る情感豊かな弦楽器の調べが、記念の年のコンサートを艶やかに彩りました。

演奏曲目

第1部

  • モーツァルト:交響曲第40番より 第1楽章(動画掲載あり)
  • バッハ: ゴルトベルク変奏曲第1曲より "アリア”〜“第1変奏曲"
  • ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲集《四季》より 「冬」(動画掲載あり)
  • レスピーギ: リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲より "シチリアーノ"
  • チャイコフスキー: 弦楽セレナードより 第1楽章(動画掲載あり)

第2部

  • ベートーヴェン: 交響曲第7番より 第1楽章
  • ヴォーン=ウィリアムズ: グリーンスリーヴスによる幻想曲(動画掲載あり)
  • バーバー: 弦楽のためのアダージョ
  • モンティ: チャールダッシュ(動画掲載あり)
  • バッハ: 無伴奏パルティータ第2番より "シャコンヌ"(動画掲載あり)

アンコール

出演者

豊嶋泰嗣(Yasushi Toyoshima, ヴァイオリン)

1964年、東京生まれ。桐朋女子高等学校音楽科に入学、江藤俊哉・アンジェラ夫妻に学び、86年に卒業すると若くして新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターに就任した。新日本フィル以外にも、「サイトウ・キネン・オーケストラ」、「ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・オーケストラ」、兵庫芸術文化センター管弦楽団などのコンサートマスターなどを歴任、その一方でソリストとしても国際的な活動を続けている。また、演奏活動のかたわら、京都市立芸術大学准教授、桐朋学園大学および大学院講師として後進の指導に当たっている。91年に村松賞と第1回出光音楽賞、92年に芸術選奨文部大臣新人賞を受賞するなど、受賞多数。

大竹 貴子

福嶋 令奈

林 七奈

ビルマン 良弓光

大槻 桃子

江口 純子

足立 成礼

松江 佐知子

ピックアップ

オーケストラを中心にした音楽会、当社提供番組のご紹介です
新進音楽家の活動を支援しています
このページの上部へ