ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

「Music in Museum by 出光 季節はめぐる」を開催しました

2015年7月14日

15年7月4日、周南市文化会館にて「Music in Museum by 出光 季節はめぐる」を開催しました。「美術」と「音楽」のコラボレーションを狙った演奏会シリーズも当地での開催は9回目を迎えました。今回は周南市美術博物館において開催された、「周南市美術博物館開館20周年記念 滝平二郎の世界展」とのコラボレーションとして企画し、地元の皆さまへの感謝を込めて、約1500名の市民・関係者の方々をお迎えしました。
当日は雨の降る中、沢山の皆さまにお集まりいただきました。今回のコンサートは、滝平の作品にあるほのぼのとした温かさに包まれた彼の世界からそのエッセンスを取り込み、日本の風景への郷愁、四季の移ろいを感じてもらえる音楽をお届けしました。

第一部

第一部は、過去のシリーズで好評を博してきたパーカッション・デュオ「カリメロ・ミュージックプール」のリズム感溢れる、原始的な響きを連想させる演奏でスタート。彼らの躍動するリズムと、パーカッションならではの多彩な音楽をお楽しみいただきました。
今回のコンサートの為に、共に関西を中心に活躍している奏者によるユニットを結成。男声オペラ歌手9人によるヴォーカル・グループ「関西ボンバーズ」と弦楽四重奏「カルテットO−オウ―」による、「桜」「夏の思い出」「見上げてごらん夜の星を」と耳馴染のある3曲をお届けしました。
続いてドヴォルザークの弦楽四重奏曲に始まり、「旅愁」、会場を一杯に使った演出で迫力ある歌声を間近でお届けした「オー・ソレ・ミヨ」と計7曲の演奏で第一部は終了です。

弦楽四重奏アメリカ

ジョン・P・オードウェイ「旅愁」

第二部

休憩後の第ニ部は、出光徳山夏休み特別企画として事業所無料見学会のご案内からスタートしました。2014年度「コンビナート等における自衛防災組織の技能コンテスト」において、日本一の自衛防災組織として「総務大臣賞最優秀賞」を受賞した徳山事業所出光共同防災組織の訓練状況等の見学に抽選で親子20組(計40組)のご招待企画。沢山の皆さまより応募をいただきました。ありがとうございました。
続いて、このコンサートと連動した美術展について、周南市美術博物館今井学芸員より「滝平の秘密」として、身の回りにある日本の風景を力強いタッチの「きりえ」で描いてきた作品のご説明をいただきました。
2014年のNHK連続テレビ小説「マッサン」の主題歌「麦の唄」からコンサートは再開。秋〜冬への季節の移ろいを感じさせる5曲で終了の予定でしたが、皆さまから沢山の拍手を頂戴し、アンコールとして2曲を演奏しました。
最後は「川の流れのように」を会場の皆さまと合唱で締めくくり、舞台と客席が正に一体となり感動を増幅させながらフィナーレを迎えました。

演奏曲目

第1部

  1. カリメロ・ミュージックプール
  2. 小渕健太郎「桜」
  3. 中田喜直「夏の思い出」
  4. いずみたく「見上げてごらん夜の星を」
  5. ドヴォルザーク「弦楽四重奏曲≪アメリカ≫」
  6. ジョン・P・オードウェイ「旅愁」
  7. カプア「オー・ソレ・ミオ」

第2部

  1. 中島みゆき「麦の唄」
  2. 中田喜直「ちいさい秋みつけた」
  3. 中田喜直「雪の降るまちを」
  4. 村井邦彦「虹と雪のバラード」
  5. アーヴィング・バーリン「ホワイト・クリスマス」

アンコール

  1. 『アナと雪の女王』より レット・イット・ゴー 〜ありのままで〜
  2. 「川の流れのように」

出演者

関西ボンバーズ(男声ヴォーカル・アンサンブル)

オペラ歌手・晴 雅彦氏が今回のコンサートのため、関西を中心に活動している男声歌手を集めて編成した特別ユニット。
メンバーは、榎 大輔、越野 保宏、近藤 勇斗、竹國 友也、中川 正崇、福西 仁、前田 満、迎肇 聡、山川 大樹。

カルテットО−オウ―(弦楽四重奏団)

日本センチュリー交響楽団のコンサート・ミストレス、松浦 奈々が今回のコンサートのため、関西を中心に活動している弦楽奏者を集めて編成した特別ユニット。メンバーは松浦(第1ヴァイオリン)の他、道橋 倫子(第2ヴァイオリン)、飯田 隆(ヴィオラ)、渡邉 弾楽(チェロ)。
カルテットО−オウ―(弦楽四重奏団)

カリメロ・ミュージックプール(パーカッション・デュオ)

カリメロ・ミュージックプール(パーカッション・デュオ)
福井県越前市出身の上坂 朋也、朋佑兄弟が2006年に結成した打楽器デュオ。
兄の朋也は16歳の時にボンゴに触れたことをきっかけにさまざまな国の打楽器の演奏を手がけるようになり、現在は京都を拠点に関西を中心とした数多くのライヴイベントに参加している。また、インド音楽に傾倒し、毎年現地に出掛けて芸術表現を磨いている他、DJとしても活躍。和太鼓やダンスミュージックから影響を受けた打楽器のみのストイックなリズムセクションから、和太鼓や雅楽など日本の伝統音楽、ポピュラー音楽などにも活動の幅を広げ、もんた&ブラザーズの元ドラマーのマーティ・ブレイシー、矢沢 永吉のサポートを務めるグレッグ・リーとの共演など、その活動はTV朝日系列の音楽番組「ストリート・ファイターズ」でも大きく取り上げられた。

ピックアップ

オーケストラを中心にした音楽会、当社提供番組のご紹介です
新進音楽家の活動を支援しています
このページの上部へ