ページ内を移動するためのリンクです。

  • ミュージアムショップ
  • メールマガジン
  • サイトマップ

本文

最新の展覧会

宗像大社国宝展 ―神の島・沖ノ島と大社の神宝
開催期間
2014年8月16日(土)〜10月13日(月・祝)

展示概要

古来、日本と海を隔てた大陸を結ぶ海上交通の要衝として重要視され、人やモノを運び、文化を伝え育んできた宗像(むなかた)。九州北部と大陸との文化交流の拠点であるこの地には、玄界灘(げんかいなだ)に面した福岡県宗像市に辺津宮(へつぐう)、沖合の大島(おおしま)に中津宮(なかつぐう)、そして、朝鮮半島と日本のちょうど中間に位置する沖ノ島(おきのしま)の沖津宮(おきつぐう)という三つの宮があり、三人の女神が祀られています。そして、これら三宮をあわせて宗像大社(むなかたたいしゃ)と呼んでいます。
三宮の中でも沖津宮のある沖ノ島は、朝鮮・中国、さらには遠くペルシャといった遠方の工芸品がシルクロードを通して運ばれ、「海の正倉院」と称される内容をもった奉献品を出土したことで有名です。昭和29年(1954)から昭和46年(1971)まで三次にわたる学術調査によって発見され、4世紀から9世紀にわたる沖ノ島出土品約8万点はすべて一括して国宝指定されました。
一方、遣唐使の廃止などをうけ、辺津宮での祭祀が中心となった中世以降も、対外交渉に活躍した宗像大宮司家(だいぐうじけ)を中心に宗像三女神への尊崇が続いたことが当時の古文書から知られます。そして、戦国時代の混乱が過去のものとなった江戸時代には、宗像大社は福岡藩主黒田家の庇護をうけるとともに、歴代の藩主によって様々な品々が奉納され、藩内の古社・田島社(たしましゃ)として引き続き篤い崇敬をあつめました。
発掘調査の終了をうけた昭和52年(1977)の「宗像 沖ノ島展」以来37年ぶりに実現した本展では、宗像以外では初公開となる沖ノ島伝来の遺宝をはじめ、中世の宗像大社の歴史を語る貴重な古文書や関連の石造品、さらには近世福岡藩主黒田家によって奉納された刀剣や三十六歌仙図扁額といった神宝の数々によって、神の島・沖ノ島の全貌と宗像大社の歴史をご紹介します。

金製指輪 沖ノ島7号遺跡出土
朝鮮・新羅時代(三国時代、5-6世紀) 国宝 宗像大社蔵
金銅製龍頭 一対 沖ノ島5号遺跡出土 中国・東魏時代
国宝 宗像大社蔵

(別ウィンドウで開きます)展覧会のみどころ Exhibit Highlight






イベント情報

列品解説のおしらせ
8月21日(木)、9月4日(木)、9月18日(木)、
10月2日(木)
いずれも午前10時30分より

8月22日(金)、9月5日(金)、9月19日(金)、
10月3日(金)
いずれも午後6時より
(事前の申し込みは不要・入館料のみ)

(別ウィンドウで開きます)出品リスト

PDF形式のファイルをご覧になるには、
(別ウィンドウで開きます)Adobe Reader(無料)が必要です。

併設展示

ルオーとムンク Rouault and Munch

陶片室と朝夕菴 Sherd Study Room and Choseki-an

オリジナルグッズ

  • 図録
  • 複製画
  • その他グッズ

※一部の商品はミュージアムショップのみでの販売です。

ミュージアムショップ Museum Shop
  • 図録
  • 複製画
  • グッズ

出光コレクション Idemitsu Collection 国宝2件、重要文化財51件を含む1万件におよぶ主な収蔵品を紹介。