ページ内を移動するためのリンクです。

  • ミュージアムショップ
  • メールマガジン
  • サイトマップ

本文

最新の展覧会

没後180年 田能村竹田
開催期間
2015年6月20日(土)〜8月2日(日)

展示概要

江戸時代の中頃、池大雅(いけのたいが)や与謝蕪村(よさぶそん)らによって大成された日本の文人画は、その後も中国への憧れを抱きつづけた文人たちによって継承され、幕末には大いなる発展をみました。その代表的な一人として、田能村竹田(たのむらちくでん 1777〜1835)がいます。
竹田は、中国の古典、漢詩の世界に親しみ、中国本土の文人たちを凌ぐほどに精通した存在として高く評価されています。中国趣味に賑わった当時は、新たにわが国へともたらされる中国・明清時代の書画の鑑賞会も盛んでしたが、そうした環境の中で竹田は悠久の歴史と文化、そして深遠なる伝統への理解を深めつつ、詩書画の制作に限りない愛情を注ぎました。また彼の仲間に頼山陽(らいさんよう)がいるほか、たくさんの著名な文人・学者たちとの交流にも勤しみながら、理想的な日常を営んでいたことも特筆されます。
竹田の眼が捉えた微細な光と彩り、そして生命あるものへの愛――。 本展では、没後180年を回顧し、出光コレクションが誇る名作を18年ぶりに特集展示いたします。他に類をみない繊細な感性をもって、秀逸な作品を数多く描き出した独自の世界、その魅力と実像に迫ります。

梅花書屋図 田能村竹田 天保3年(1832)
重要文化財 出光美術館蔵
柳閣暁粧図 田能村竹田 天保元年(1830)
出光美術館蔵

(別ウィンドウで開きます)展覧会のみどころ Exhibit Highlight






イベント情報

列品解説のおしらせ
6月25日(木)、7月9日(木)、
7月23日(木)
いずれも午前10時30分より

6月26日(金)、7月10日(金)、
7月24日(金)
いずれも午後6時より
(事前の申し込みは不要・入館料のみ)

(別ウィンドウで開きます)出品リスト

PDF形式のファイルをご覧になるには、
(別ウィンドウで開きます)Adobe Reader(無料)が必要です。

併設展示

ルオーとムンク Rouault and Munch

陶片室と朝夕菴 Sherd Study Room and Choseki-an

オリジナルグッズ

  • 図録
  • 複製画
  • その他グッズ

※一部の商品はミュージアムショップのみでの販売です。

ミュージアムショップ Museum Shop
  • 図録
  • 複製画
  • グッズ

出光コレクション Idemitsu Collection 国宝2件、重要文化財56件を含む1万件におよぶ主な収蔵品を紹介。