ページ内を移動するためのリンクです。

  • ミュージアムショップ
  • メールマガジン
  • サイトマップ

本文

最新の展覧会

没後50年 小杉放菴 ―〈東洋〉への愛
開催期間
2015年2月21日(土)〜3月29日(日)

展示概要

「金太郎」など優しく微笑ましい日本画が人気の小杉放菴(こすぎほうあん 1881〜1964)ですが、若い頃は〈未醒(みせい)〉と号した酒好きで豪傑な洋画家だったことはあまり知られていません。
日光に生まれ、高橋由一(たかはしゆいち)の門人・五百城文哉(いおきぶんさい)に洋画を学びますが、18歳で上京、小山正太郎の画塾・不同舎に入ります。当時、国際的に流行したフランスの壁画家ピュヴィス・ド・シャヴァンヌを崇拝した放菴は、シャヴァンヌを思わせる淡い色調の風景画で、30歳頃には文展で連続して最高賞を得、夏目漱石も絶賛するほどでした。日本の洋画壇の将来を嘱望されてヨーロッパに留学しますが、本場の洋画が持つ伝統の重みに耐えかねていたところ、パリで偶然目にした江戸時代の文人画の巨匠・池大雅(いけのたいが)の画帖「十便帖(じゅうべんじょう)」の複製に、自分の“帰りゆくべき道”を見出します。留学後、次第に日本画に傾倒してゆき、昭和期には〈放庵(ほうあん)〉(後に放菴)の画号を用いた日本画で知られるようになりました。
改名による日本画家への華麗なる転身は、東洋回帰と注目され、一部からは伝統的な洋画からの敗退という批判もありましたが、放菴は“ずっと続いた一本道”と言っています。実際には、神官で国学者の父・蘇翁(そおう)や、漢学に造詣の深い師・文哉から和魂洋才の教育を受けてきた放菴にとって、洋画・日本画といった区分はそれほど重要ではなかったように思えます。西洋から押し寄せる文化の波を受けながらも、日本人のための絵画を創り出したいという熱い思い――放菴芸術に貫かれた〈東洋への愛〉は、日本の将来を案じる出光美術館初代館長・出光佐三(1885〜1981)の心をも惹きつけるほどでした。
本展では、放菴没後50年を記念して、約90件の作品で放菴の画業を回顧いたします。洋画と日本画が共鳴しあって生まれた、あたたかく包みこまれるような放菴芸術の魅力をどうぞご堪能ください。

天のうづめの命 小杉放菴 昭和26年(1951) 出光美術館蔵

(別ウィンドウで開きます)展覧会のみどころ Exhibit Highlight






イベント情報

列品解説のおしらせ
3月5日(木)、3月19日(木)
いずれも午前10時30分より

3月6日(金)、3月20日(金)
いずれも午後6時より
(事前の申し込みは不要・入館料のみ)

(別ウィンドウで開きます)出品リスト

PDF形式のファイルをご覧になるには、
(別ウィンドウで開きます)Adobe Reader(無料)が必要です。

併設展示

ルオーとムンク Rouault and Munch

陶片室と朝夕菴 Sherd Study Room and Choseki-an

オリジナルグッズ

  • 図録
  • 複製画
  • その他グッズ

※一部の商品はミュージアムショップのみでの販売です。

ミュージアムショップ Museum Shop
  • 図録
  • 複製画
  • グッズ

出光コレクション Idemitsu Collection 国宝2件、重要文化財51件を含む1万件におよぶ主な収蔵品を紹介。