ページ内を移動するためのリンクです。

  • ミュージアムショップ
  • メールマガジン
  • サイトマップ

本文

最新の展覧会

東洋の美 ―中国・朝鮮・東南アジアの名品
開催期間
2015年4月11日(土)〜6月14日(日)

展示概要

多様な文化・伝統に根ざしつつ、多彩な美術作品を育んできた東アジアの国々。しかし、多様に見える各国文化の底流にはいくつかの共通項をあげることも出来ます。たとえば、中国と朝鮮、そして日本の三国はもともと漢字を文字の表記に用い、儒教の倫理観と仏教の信仰を共有してきました。しかも、これらの国々では共通の文化基盤をもとに、絵画工芸全般において、先行する地域のあり方を手本に、類似した傾向を示す作品が生み出されてきました。特に、陶磁器はいずれの国でも高度に発達し、それぞれの国の特色を生かしながら、独特の展開を見せました。
出光コレクションには東洋陶磁の歴史を代表する各国の優品が収蔵されていますが、原始・古代の中国陶磁器や高麗・朝鮮王朝時代の陶磁器などは、これまでなかなかまとまってご覧いただく機会がありませんでした。
本展では、コレクションを代表するこれら二つの重要なジャンルの陶磁器を中心にしつつ、「高麗物」と呼ばれ、茶の湯の道具として慈しみ親しまれてきた高麗茶碗や、ベトナムやタイといった東南アジア諸国で展開した個性的な陶磁器もあわせてご紹介します。また、三年前に開催した「悠久の美」展で特集した中国、商・周時代の青銅器の後をうけ、さらに洗練度を加えるとともに、鍍金などによって豪華に飾られた漢時代の青銅器や、青銅器の主要なジャンルでありながら、これまで展示の機会が少なかった戦国時代から唐時代までの銅鏡、そして、明・清時代の珍しい金工品や漆器、玉器などを、同時代の日本の作品と比較しながら、六つの章と三つの特集コーナーでご紹介します。
多様な魅力にあふれた東洋の美の世界をご堪能ください。

青磁筍形水注 朝鮮 高麗時代 出光美術館蔵
色絵金彩宝相華文台鉢 ベトナム 15−16世紀 出光美術館蔵

(別ウィンドウで開きます)展覧会のみどころ Exhibit Highlight






イベント情報

列品解説のおしらせ
4月23日(木)、5月7日(木)、
5月21日(木)、6月4日(木)
いずれも午前10時30分より

4月24日(金)、5月8日(金)、
5月22日(金)、6月5日(金)
いずれも午後6時より
(事前の申し込みは不要・入館料のみ)

(別ウィンドウで開きます)出品リスト

PDF形式のファイルをご覧になるには、
(別ウィンドウで開きます)Adobe Reader(無料)が必要です。

併設展示

ルオーとムンク Rouault and Munch

陶片室と朝夕菴 Sherd Study Room and Choseki-an

オリジナルグッズ

  • 図録
  • 複製画
  • その他グッズ

※一部の商品はミュージアムショップのみでの販売です。

ミュージアムショップ Museum Shop
  • 図録
  • 複製画
  • グッズ

出光コレクション Idemitsu Collection 国宝2件、重要文化財56件を含む1万件におよぶ主な収蔵品を紹介。