ページ内を移動するためのリンクです。

本文

開館50周年記念 美の祝典U ―水墨の壮美

開催期間
2016年5月13日(金)〜6月12日(日)

みどころ

国宝・重要文化財のスゴさを、実感するチャンスです

一般的に美術館の企画では、時代や作者に着目してテーマを組む企画・展示が通常です。そのため、当館でも所蔵する指定品を一度に見ていただく機会はほとんどありません。特に国宝「伴大納言絵巻」は平安時代の絵巻を代表する名品で、保存管理の関係から公開するチャンスは限られているのです。本展では、50周年という記念の年に因み、まずはこの「伴大納言絵巻」をはじめとした絵画の“指定文化財”をご堪能いただける華やかな会場といたしました。展示室には特別仕様のデザインを施します。この機会にぜひ国宝・重要文化財が発するオーラを体感してください。

展覧会の構成

  1. 水墨の壮美
  2. 文人画の清風
  3. 特別展示 国宝「伴大納言絵巻」

各章の解説

水墨の壮美

幻想的な山水の光景に恋し、清閑な情趣を感じ取った水墨画家たち。彼らの卓越した筆墨の妙は、時に厳格な描写力で写実性に挑み、また時には白い紙の余白に響きわたる余韻と親しみながら水墨画の壮美を築いています。わが国では、主に中国・宋元画を手本として学んだ水墨の技でしたが、そこに日本独自の風情を重ね合わせることで新たな表現を獲得しました。牧谿「平沙落雁図」(重要文化財)をはじめ、雪舟「破墨山水図」、能阿弥「四季花鳥図屏風」(重要文化財)、長谷川等伯「竹鶴図屏風」といった著名な巨匠たちの優品より、壮麗なる水墨表現のさまざまな魅力と特質にふれます。

竹鶴図屏風(左隻) 長谷川等伯 桃山時代 出光美術館蔵

もっとみどころ1

本展にむけて、修復完了

美術館の使命の一つである文化財修復。本展では、本格修復を経て甦った6作品を一挙公開いたします。重要文化財「真言八祖行状図」(展示は終了)は、本格的な平安絵画の優品です。真言密教の伝来に関わった八人の祖師の行状記をテーマに描いたもので、「やまと絵」完成への道程が偲ばれる点で、絵画史研究者たちも注目する貴重な伝存作品です。計画より8年の歳月を経て、この度ようやく修理が完成。長年の汚れも拭った結果、穏やかな山景描写、精細な波の表情など見事な景観表現が甦りました。また中国の水墨画では屈指の優品、玉澗筆「山市晴嵐図」も修復により、これまで謎とされてきた表具の方法も解明しました。本展では、こうした未発表の貴重な情報をご紹介いたします。

山市晴嵐図 玉澗 中国 南宋時代末期〜元時代初期 重要文化財 出光美術館蔵

文人画の清風

中国の士大夫と呼ばれる高官の職を辞し、隠遁生活を楽しんだ知識人たちは、技巧的な宮廷画家とは一線を画す余技の絵画を手がけました。江戸時代には、彼らの生き方に憧れを抱いた「文人」画家が数多く活躍しています。中国趣味に浸る中で自らも筆をとり、詩作や書画の制作に勤しんでいます。文人画の特質は、画家の観念や思想を絵画で表すことにあります。そこに賛文が書き付けられることで、さらに思い描く理想の世界の清雅な趣きは深まります。池大雅「十二ヵ月離合山水図屏風」(重要文化財)、田能村竹田「梅花書屋図」(重要文化財)ほか、教科書でも馴染み深い巨匠たちの優品は、出光コレクションの一つの柱となっています。

十二ヵ月離合山水図屏風(右隻) 池大雅 明和6年(1769)頃 重要文化財 出光美術館蔵

特別展示 国宝「伴大納言絵巻」

「美の祝典」期間中、国宝「伴大納言絵巻」(三巻)を三期にわけて上巻、中巻、下巻と順次展示します。10年ぶりの公開となるこの機会をどうぞお見逃しなく!

展示期間
上巻: 「美の祝典 T」 4月9日(土)〜5月8日(日)
中巻: 「美の祝典 U」 5月13日(金)〜6月12日(日)
下巻: 「美の祝典 V」 6月17日(金)〜7月18日(月・祝)


伴大納言絵巻とは
伴大納言絵巻は、源氏物語絵巻、信貴山縁起絵巻、鳥獣戯画(いずれも国宝)とともに日本の「四大絵巻」と称され、代表的な絵巻として知られています。
一人の実在した政治家の野望と失脚を描くストーリーは、「応天門の変」という史実をもとにしているだけに、他の作品とは異なって現実味があります。また画面構成においても演出に優れ、絵巻独特の醍醐味を堪能させてくれます。特に群像表現にみる精妙な描写、色や形の見事な対比、そして緩急を利かせた巧みなストーリー展開が調和しており、多くの傑作に恵まれた古代・中世の絵巻のなかでもひときわ輝きを放つ魅力的な作品です。

あらすじ
平安時代、時の大納言伴善男(伴大納言)は、自分の出世のために左大臣源信を失脚させ、そのポストを狙っていました。ある夜、伴大納言は応天門に放火し、それを左大臣の仕業であると清和天皇に告げ口をします。
天皇は直ちに左大臣の処罰を決定されましたが、そこへ太政大臣藤原良房があらわれて天皇に対しじゅうぶんな調査をおこなうように進言しました。その結果、左大臣の無実は判明し、結局放火犯は事件後半年を過ぎても不明のままでした。
ところが、事件は意外な展開を見せます。伴大納言の家来の子供と、放火犯を目撃したという舎人の男の子供との喧嘩をきっかけに両者が対立すると、なんと舎人の男は応天門炎上は伴大納言の放火であることを暴露してしまうのでした・・・・・・。

伴大納言絵巻(上巻部分) 「美の祝典T―やまと絵の四季」 4月9日〜5月8日展示

伴大納言絵巻(中巻部分) 「美の祝典U―水墨の壮美」 5月13日〜6月12日展示

伴大納言絵巻(下巻部分) 「美の祝典V―江戸絵画の華やぎ」 6月17日〜7月18日展示

本展の基本情報


開館時間
午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
「美の祝典」期間中は開館時間を変更しています。毎週金曜日の延長開館はありません。

会期・開館時間等は都合により変更することがあります。会場内混雑の状況により入場を制限する場合があります。
休館日
毎週月曜日
入館料
一般1,000円/高・大生700円(団体20名以上 各200円引)
中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です
電話番号
ハローダイヤル
03-5777-8600(展覧会案内)

(別ウィンドウで開きます)閉じる