ページ内を移動するためのリンクです。

本文

開館50周年記念 岩佐又兵衛と源氏絵―〈古典〉への挑戦

開催期間
2017年1月8日(日)〜2月5日(日)

みどころ

優雅にして野卑! 岩佐又兵衛の源氏絵を大特集します

桃山時代から江戸時代はじめに活躍した画家・岩佐又兵衛(いわさまたべえ 1578-1650)。実感豊かな風俗画や絢爛豪華な絵巻群のほか、あらゆるテーマに貪欲に取り組んだ又兵衛ですが、画業の全体を見渡せば、その軸足は常に〈古典〉を描くことに置かれています。今展では、古典中の古典である『源氏物語』を描いた絵画(源氏絵)に大注目!又兵衛芸術に通奏低音のように流れる、優雅にして野卑な魅力を紹介します。

展覧会の構成

  1. 1.〈古典〉をきわめる ―やまと絵の本流による源氏絵
  2. 2.ひとつの情景に創意をこらす ―又兵衛の源氏絵の新しい試み
  3. 3.さまざまな〈古典〉を描く ―又兵衛の多彩な画業
  4. 4.単一場面から複数場面へ ―又兵衛の〈型〉とその組み合わせ
  5. 5.物語のながめ ―いわゆる54帖屏風にみる〈古典〉と創造
  6. 6.江戸への展開 ―又兵衛が浮世絵師に残したもの

各章の解説

1.〈古典〉をきわめる ―やまと絵の本流による源氏絵

源氏物語画帖(花宴) 土佐光吉 慶長18年(1613)頃
重要文化財 京都国立博物館蔵

岩佐又兵衛の父(一説に祖父)の荒木村重(あらきむらしげ 1536-86)は、茶人としての余生を和泉・堺で過ごしました。その堺に終生暮らし、当時の源氏絵を牽引する立場にあったのが、土佐光吉(とさみつよし 1539-1613)です。畿内で青春時代を過ごし、絵筆で生計を立てることを決意した若き又兵衛にとって、おそらくもっとも強く意識するべき絵師のひとりであった光吉は、物語に精通した公家たちの知識を背景に、端正な源氏絵を制作しています。この章では、まずこの分野の本流たる画家によるすぐれた表現をご堪能いただきます。

2.ひとつの情景に創意をこらす ―又兵衛の源氏絵の新しい試み

和漢故事説話図 須磨 岩佐又兵衛 江戸時代 福井県立美術館蔵

又兵衛は、工房の弟子たちを動員して数多くの源氏絵を手がけました。ただし、興味深いことに、又兵衛のサインや印章をそなえる源氏絵は、どれも一枚の画面にひとつの情景だけを描くという趣向を示しています。物語の全体像を俯瞰的にとらえるよりも、個々の特徴的なエピソードに向き合い、その内容を深く理解することこそ、源氏絵の制作に臨む又兵衛の基本的な姿勢だったといえます。この章では、又兵衛による単一場面の源氏絵を通じて、その斬新な表現の核心に迫ります。

3.さまざまな〈古典〉を描く ―又兵衛の多彩な画業

又兵衛とその工房が手がけた絵画を見れば、源氏絵や歌仙絵などの〈やまと絵〉の主題にかたよっていることは確かです。とはいえ、そのようなジャンル分けが無意味であるかのように、又兵衛の貪欲な筆は、主題間の壁を軽々と飛び越えもします。この章では、中国と日本にまたがるありとあらゆるテーマを描き出す又兵衛の絵画をご覧いただき、そのレパートリーの幅広さをご覧いただきます。

もっとみどころ1

又兵衛の多彩な画業をご紹介! 出光美術館の又兵衛作品を一堂に!

伊藤若冲(いとうじゃくちゅう 1716-1800)や曾我蕭白(そがしょうはく 1730-81)を日本美術のスターダムに押し上げるきっかけとなった、美術史家・辻惟雄氏の快著『奇想の系譜』。この本のトップバッターを飾った岩佐又兵衛をめぐって、昨夏、福井県立美術館での回顧展が大きな話題を呼ぶなど、最近関心が高まっています。今展では、晩年期の大作「四季耕作図屏風」ほか、出光美術館に所蔵される源氏絵以外の又兵衛作品もあわせて紹介いたします。意欲的で多彩な又兵衛の画業をご堪能ください!

4.単一場面から複数場面へ ―又兵衛の〈型〉とその組み合わせ

又兵衛の源氏絵は、まず単一の場面を描く手法によって鑑賞者の目を驚かせたと思われます。誰も見たことのない図様で描かれた源氏絵は、次第にヴァリエーションを増しつつ、工房内で蓄積されていったと考えられます。次なる段階は、又兵衛が組織する工房によって、その目新しい源氏絵を求める声に応えること。特に複数の場面を屏風にとらえた形式が好まれました。この章では、そのような形式の源氏絵をとおして、又兵衛とその工房による絵画制作のあり方を考えます。


源氏物語図屏風 伝 岩佐又兵衛 江戸時代 大和文華館蔵

5.物語のながめ ―いわゆる54帖屏風にみる〈古典〉と創造

源氏物語図屏風(右隻部分) 岩佐勝友 江戸時代 出光美術館蔵

『源氏物語』は、54もの帖からなる大長編です。桃山時代から江戸時代にかけて、その壮大な物語のすべてを網羅し、屏風の大画面に一望しようとする源氏絵が生み出されました。いわゆる54帖屏風と呼ばれる形式の源氏絵です。特に、土佐光吉の表現を持つ当館の一双屏風は、この形式のもっとも古い例と考えられています。この章では、岩佐派と土佐派の54帖屏風をあわせてご覧いただき、各巻の象徴的な場面がどう選び取られ、また描かれているか、それぞれの〈古典〉への取り組みを紹介します。

もっとみどころ2

〈古典〉をめぐる、官学派(アカデミー)と独立画家(アンデパンダン)の競演!

今展の主役である又兵衛と同時代の画家で、当時の源氏絵を強力にリードしたのは土佐光吉です。今展では、光吉の傑作「源氏物語画帖」(重要文化財、京都国立博物館蔵)のほか、『源氏物語』54帖を大画面に一望した、いわゆる54帖屏風(出光美術館蔵)を展示。又兵衛の弟子筋にあたる岩佐勝友の54帖屏風とくらべることで、それぞれの〈古典〉への取り組み方の違いが浮かび上がります。

6.江戸への展開 ―又兵衛が浮世絵師に残したもの

十帖源氏(花宴) 野々口立圃 江戸時代 
早稲田大学図書館蔵

京都から福井へ移って20年あまり。60歳を過ぎた又兵衛は、1637年2月、福井を発ち、江戸へと向かいました。又兵衛は生前から〈うきよ又兵衛〉と異名を取ったと伝わり、浮世絵の成立に重要な役割を果たしたと考えられますが、江戸における又兵衛の仕事は浮世絵師たちに何をもたらしたのでしょうか。この章では、歌人・俳人で古典学者の松永貞徳(まつながていとく 1571-1653)の流れをくむ文化人たちが刊行にたずさわった『源氏物語』の梗概書などを手がかりに、江戸の浮世絵師との接点を探ります。

本展の基本情報


開館時間
午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
毎週金曜日は午前10時〜午後7時(入館は午後6時30分まで)

会期・開館時間は都合により変更することがあります。最新情報は当ウェブサイトまたはハローダイヤル(03-5777-8600)でご確認ください。
休館日
毎週月曜日
(ただし1月9日は開館)
入館料
一般1,000円/高・大生700円(団体20名以上 各200円引)
中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です
電話番号
ハローダイヤル
03-5777-8600(展覧会案内)

(別ウィンドウで開きます)閉じる