ページ内を移動するためのリンクです。

  • ミュージアムショップ
  • メールマガジン
  • サイトマップ

本文

最新の展覧会

開館50周年記念 時代を映す仮名のかたち―『見努世友』と古筆の名品
開催期間
2016年11月19日(土)〜12月18日(日)

展示概要

たおやかで優美な平安時代、明確で厳格な鎌倉時代、奔放に展開する南北朝から室町時代前期、重厚で立派な室町時代。仮名のかたち、書様の印象は時代によって大きく異なって見えます。この違いはどこからくるのでしょうか。現代ではあまり意識されることはありませんが、仮名には“和歌を記す文字”という役割があります。平安時代から室町時代にかけて、社会における和歌の機能は、褻(私的)から晴(公的)、そして儀礼へと移りかわり、メインとなる詠歌の場や和歌を詠む人々も変化してゆきます。本展では、平安時代から室町時代にわたる、詠歌の場に密着した自詠自筆の和歌資料等と、能書によるその時代に代表的な書様の手本・写本類の双方に目を向けながら、各時代の仮名の書様の違いの背景に、その時代の和歌との関係があることを探ります。従来、仮名の展示といえば、書様の美しいとされる平安時代から鎌倉時代初期に偏りがちですが、今回は、書様の背景に内容である和歌との関係を考えることにより、平安時代から室町時代にわたる各時代の仮名の書様に、それぞれの意味を見出してみたいと思います。
本展は、国宝の手鑑『見努世友(みぬよのとも)』をはじめとする、当館の代表的な古筆作品と一部借用作品による、4部の構成で、平安から室町の各時代の仮名のかたち魅力を、存分に味わっていただくものです。

高野切第一種 伝紀貫之 平安時代 重要文化財 出光美術館蔵

(別ウィンドウで開きます)展覧会のみどころ Exhibit Highlight






イベント情報

列品解説のおしらせ
11月24日(木)、12月8日(木) いずれも午前10時30分より
11月25日(金)、12月9日(金) いずれも午後6時より
(事前の申し込みは不要・入館料のみ)

(別ウィンドウで開きます)出品リスト

PDF形式のファイルをご覧になるには、
(別ウィンドウで開きます)Adobe Reader(無料)が必要です。

併設展示

ルオーとムンク Rouault and Munch

陶片室と朝夕菴 Sherd Study Room and Choseki-an

オリジナルグッズ

  • 図録
  • 複製画
  • その他グッズ

※一部の商品はミュージアムショップのみでの販売です。

ミュージアムショップ Museum Shop
  • 図録
  • 複製画
  • グッズ

出光コレクション Idemitsu Collection 国宝2件、重要文化財56件を含む1万件におよぶ主な収蔵品を紹介。