HOME > What's SENGAI? > 仙厓の生涯

Life of SENGAI 仙厓の生涯

仙厓義梵(せんがいぎぼん 1750~1837)は江戸時代中期、寛延3年(1750)、当時の中心である江戸から遠く離れた美濃国武儀郡(むぎぐん 現・関市)の小作農、井藤甚八(いとうじんぱち)の子として生まれました。活躍した時代は天変地異と政情不安の時代をへた寛政の改革から文化・文政の爛熟期、そして天保の初年までです。

11歳の時、地元の清泰寺(せいたいじ)で得度(とくど)・出家しました。19歳以降、武蔵国永田(ながた 現・横浜市)の東輝庵(とうきあん)の月船禅慧(げっせんぜんえ)について修行を重ね、32歳の年、師である月船が遷化(せんげ)したのを契機に長い諸国行脚の旅に出ました。39歳になって、同門であった太宰府・戒壇院(観世音寺)の太室玄昭(たいしつげんしょう)の勧めで博多に下り、寛政元年(1789)、40歳で、盤谷紹適(ばんこくしょうてき)の後を継いで扶桑最初禅窟聖福寺(ふそうさいしょぜんくつしょうふくじ)第123世住持となりました。

以降、疲弊していた名刹・聖福寺の復興と弟子の教育に力を注ぎ、62歳で住持職を弟子の湛元(たんげん ?~1855)に譲り、虚白院(きょはくいん)に隠居します。しかし、湛元が罪を受けて遠島されたため、87歳の時、第125世として住持に返り咲くことになりました。その心労のためか、翌年の天保8年(1837)、88歳にして没しています。

仙厓の晩年

還暦を過ぎた仙厓は、後を弟子の湛元に譲って以降、聖福寺境内の虚白院に隠居し、得意の禅画を通して庶民に禅の教えをひろめることに専心しました。仙厓のユーモラスで楽しい禅画は人気を博すとともに、地位や名誉を求めずに生涯を黒衣(こくえ)の僧として過ごした潔さと、気さくで正義感の強い性格ともあいまって多くの人に慕われました。
仙厓のもう一つの姿。晩年の暮らしぶりはどのようなものだったのでしょうか。それは旅を愛し、趣味に生き、知を求め続けた人生でした。「博多の仙厓さん」として親しまれた仙厓でしたが、一方で、つのる揮毫の依頼に頭を悩ませます。そこで、時間をつくっては博多の町に出て祭りや興行を楽しみ、あるいは九州北部に点在する名所・旧跡を訪ね歩き、また、岩や石の神秘的な造形に関心を寄せ、そして、心癒される日々を送ったのでした。

仙厓と博多

美濃で生まれたものの、聖福寺の住職として博多に下って以降、なくなるまでの後半生を過ごした仙厓にとって、博多は第二の故郷でした。住職の重責を解かれて後、博多の祭りを心から楽しむことができるようになった仙厓は、玉競り(たませせり)やうそ替え、花見といった四季折々の興味深い催しや、曲芸・相撲などの興行の様子を活写しています。仙厓は、そういった九州ならではの風俗画を数多く遺しています。

仙厓と旅

住職の地位を弟子の湛元に譲って自由の身となった仙厓は、筑前・筑後に点在する名所旧跡を足繁く訪れるようになります。年をとってからの旅の感興はひとしおであったようで、その思い出は何度となく画賛の形でまとめられました。博多を代表する白砂青松の箱崎浜や観音信仰のメッカである宝満山(ほうまんさん)、景勝の地として今日でも有名な芥屋大門(けやのおおと)から日本各地の名所まで、各地の風景を描いた作品が遺されています。

仙厓と趣味

仙厓が熱中していたものに、珍奇な石の収集という当時好事家の間で広がっていた面白い趣味があげられます。この世に存在するものには仏の心が宿っていると考えていた仙厓にとって、珍奇な石に宿された命の痕跡は、特に興味深いものでした。さらに、九州各地を訪問するにつけ、それぞれの名所ゆかりの品々を集めることも仙厓の楽しみの一つとなっていったようです。

to page top