出光コレクション

やまと絵

閉じる

伴大納言絵巻 三巻

国宝

筆者未詳
平安時代
紙本着色
上巻 31.5×839.5cm
中巻 31.5×858.7cm
下巻 31.5×931.7cm

作品解説
貞観8年(866)閏3月10日に起きた応天門の炎上をめぐる大納言伴善男の陰謀、その露見と失脚を生き生きと物語る。群像の表現に存分に発揮された精妙な描写力、色と形の見事な調和と対比、緩急を利かせた巧みなストーリー展開は、多くの傑作に恵まれた古代・中世の絵巻のなかでもひときわ魅力的である。制作には、後白河院に重用された宮廷絵師・常磐光長が主導的な役割を担ったと考えられる。かつて若狭国松永庄新八幡宮に伝来した。

一覧に戻る