伴大納言絵巻(上巻部分) 平安時代 国宝
真言八祖行状図(龍智) 保延2年(1136) 重要文化財
絵因果経(部分) 奈良時代 重要文化財
佐竹本三十六歌仙絵「柿本人麿」 鎌倉時代 重要文化財
日月四季花鳥図屏風(右隻) 室町時代 重要文化財
伴大納言絵巻(中巻部分) 平安時代 国宝
四季花鳥図屏風(右隻) 能阿弥 応仁3年(1469) 重要文化財
竹鶴図屏風(左隻) 長谷川等伯 桃山時代
十二ヵ月離合山水図屏風(右隻) 池大雅 明和6年(1769)頃 重要文化財
山市晴嵐図 玉澗 中国 南宋末期~元時代初期 重要文化財
伴大納言絵巻(下巻部分) 平安時代 国宝
更衣美人図 喜多川歌麿 江戸時代 重要文化財
風神雷神図屏風 酒井抱一 江戸時代
祇園祭礼図屏風(右隻) 桃山時代 重要文化財
四季日待図巻(部分) 英一蝶 元禄11年~宝永6年(1698~1709) 重要文化財
青花龍文壺 景徳鎮窯 中国 明「宣徳年製」銘 
色絵芥子文茶壺 野々村仁清 江戸時代前期 重要文化財
色絵菊文大皿 古九谷 江戸時代前期 
井戸茶碗 銘 奈良 朝鮮 朝鮮王朝時代 重要美術品
青磁下蕪瓶 修内司官窯 中国 南宋時代 重要文化財
指月布袋画賛 仙厓 江戸時代
○△□ 仙厓 江戸時代
坐禅蛙画賛 仙厓 江戸時代
一円相画賛 仙厓 江戸時代
堪忍柳画賛 仙厓 江戸時代
高野切第三種(古筆手鑑『見努世友』の内) 伝 紀貫之 平安時代
古筆手鑑『見努世友』 奈良~室町時代 国宝
広沢切(部分) 伏見天皇 鎌倉時代 重要文化財
高野切第一種 伝 紀貫之 平安時代 重要文化財
足利尊氏奉納春日社詠七首和歌巻(部分) 伝 世尊寺行尹 南北朝時代 個人蔵
和歌懐紙 後奈良天皇 永正14年(1517)
源氏物語 野々宮図 岩佐又兵衛 江戸時代 重要美術品
源氏物語図屏風(右隻) 岩佐勝友 江戸時代
源氏物語 桐壺図屏風 伝 岩佐又兵衛 江戸時代
源氏物語図屏風残闕・葵 伝 俵屋宗達 江戸時代
源氏物語図屏風(右隻) 江戸時代
絵唐津柿文三耳壺 桃山時代 重要文化財
奥高麗茶碗 銘 秋夜 桃山時代
絵唐津丸十文茶碗 桃山時代
絵唐津松文大皿 桃山時代
朝鮮唐津上手付水注 桃山時代

ごあいさつ

2016年4月、
出光美術館は開館50周年を迎えました。

出光興産の創業者である出光佐三が、
東京・丸の内の帝劇ビル9階に
美術館をひらいて50年。

多くのみなさまに支えていただきながら、
ここまで歩んでくることができました。

これまでも、これからも、
出光美術館の目指す美術館活動は、
一貫して「研究」と「展覧会」です。

この信条のもと、
コレクションを代表する作品を選び抜き、
節目の年にふさわしい企画をお楽しみいただけるよう
準備を進めてきました。

出光美術館らしい展覧会を通して、
感謝の気持ちをお伝えしたいと思っています。

50周年の1年間、
みなさま、どうぞご期待ください。

50周年特設サイトについて

ご来館くださったみなさまから、
展覧会への感想と同じくらい、
寄せられる言葉があります。

それは皇居に向かって広がる、
ロビーの窓からのぞむ景色の見事さ――。
四季折々、都会が見せる自然の美しさに、
感嘆の声をいただきます。

作品と向き合う時間と同様に、
ロビーでお過ごしいただく時間もまた、
出光美術館の楽しみ方のひとつです。

この特設サイトは、展覧会情報とあわせて、
50周年ならではのコンテンツを盛り込み、構成しました。
願わくはロビーのような場となって、
みなさまにもっと出光美術館を知って
いただくきっかけとなれば、
これほどうれしいことはありません。

公開は、来年3月までを予定しています。
どうぞ何度でもお立寄りください。

コンセプト

1966年、出光美術館の開館に際し、
初代館長・出光佐三は次のように語りました。

優れた美術品の蒐集を常に心掛け、
これをもって時の人の教学の資となし、
後の世の人のために手厚く保存しこれを伝えることは、
美術館の最も重要な使命である。

時に日本絵画、時に東洋陶磁、
さらにはルオーに代表される西洋絵画など、
洋の東西を問わず、美術品を蒐集・公開し続けた50年。

出光美術館の根幹には、
先の出光佐三の信条が常にありました。

その精神を伝え、かつ、さらなる50年、100年先を見据えた
これからの未来を志向することを目指し、
今回の50周年記念となるロゴマークを作成しました。

キービジュアル

1905年、まだ19歳の学生であった出光佐三が、
1点の禅画を買い求めました。

それこそが、江戸時代の禅僧・仙厓が遺した「指月布袋画賛」です。
この第一歩が、61年後の「出光美術館」開館への
スタートとなりました。

「指月布袋画賛」という作品名に対し、画面には月が描かれていません。
そこには「求めるべきは指のはるか彼方に存在すべき
月そのものである」という仙厓の教えが反映されています。

佐三が開館時に述べた、
美術品を「後の世の人のために手厚く保存しこれを伝える」こと。

「後の世」とは永遠に続くものであり、終わりはありません。
この理想にゴールはなく、仙厓の描かなかった月と同様に
「はるか彼方に存在」するものといえます。

佐三が最初に惹かれ、購入したこの作品がもつ精神。
後に掲げた開館に対する想い。

このふたつには共通の精神が流れ、
そして佐三と作品との運命的な出会いが思われます。

「出光美術館を代表する広く知られた作品」として、
また「出光佐三の精神を伝える作品」として、
今回のキービジュアルに採用しました。

2016年4月からの1年間、
コレクションを代表する作品の数々を公開していきます。

美の祝典Ⅰ−やまと絵の四季

2016年4月9日(土)〜5月8日(日)

真言八祖行状図(龍智 部分)
保延2年(1136) 重要文化財
絵因果経(部分) 奈良時代 重要文化財
佐竹本三十六歌仙絵「柿本人麿」
(部分) 鎌倉時代 重要文化財
日月四季花鳥図屏風(右隻) 室町時代
重要文化財
伴大納言絵巻(上巻部分) 平安時代 国宝

美の祝典Ⅱ−水墨の壮美

2016年5月13日(金)〜6月12日(日)

四季花鳥図屏風(右隻部分)
能阿弥 応仁3年(1469)
重要文化財
竹鶴図屏風(左隻) 長谷川等伯 桃山時代
十二ヵ月離合山水図屏風(右隻) 池大雅
明和6年(1769)頃 重要文化財
山市晴嵐図(部分) 玉澗
中国 南宋末期~元時代初期
重要文化財
伴大納言絵巻(中巻部分) 平安時代 国宝

美の祝典Ⅲ−江戸絵画の華やぎ

2016年6月17日(金)〜7月18日(月・祝)

更衣美人図 喜多川歌麿
江戸時代 重要文化財
風神雷神図屏風 酒井抱一 江戸時代
祇園祭礼図屏風(右隻部分) 桃山時代 重要文化財
四季日待図巻(部分) 英一蝶 元禄11年~宝永6年(1698~1709) 重要文化財
伴大納言絵巻(下巻部分) 平安時代 国宝

東洋・日本陶磁の至宝−豊麗なる美の競演

2016年7月30日(土)〜9月25日(日)

青花龍文壺 景徳鎮窯
中国 明「宣徳年製」銘
色絵芥子文茶壺
野々村仁清 江戸時代
前期 重要文化財
色絵菊文大皿 古九谷
江戸時代前期
井戸茶碗 銘 奈良
朝鮮 朝鮮王朝時代
重要美術品
青磁下蕪瓶 修内司官窯
中国 南宋時代
重要文化財

大仙厓展−禅の心、ここに集う

2016年10月1日(土)〜11月13日(日)

○△□ 仙厓 江戸時代
指月布袋画賛 仙厓
江戸時代
坐禅蛙画賛 仙厓 江戸時代
一円相画賛 仙厓 江戸時代
堪忍柳画賛 仙厓 江戸時代

時代を映す仮名のかたち−国宝手鑑『見努世友』と古筆の名品

2016年11月19日(土)〜12月18日(日)

古筆手鑑『見努世友』の内
高野切第三種 伝 紀貫之 平安時代
国宝
高野切第一種 伝 紀貫之
平安時代 重要文化財
足利尊氏奉納春日社詠七首和歌巻(部分)
伝 世尊寺行尹 南北朝時代 個人蔵
広沢切(部分) 伏見天皇 鎌倉時代
重要文化財
和歌懐紙 後奈良天皇
永正14年(1517)

岩佐又兵衛と源氏絵−〈古典〉への挑戦

2017年1月8日(日)〜2月5日(日)

源氏物語 桐壺図屏風 伝 岩佐又兵衛 江戸時代
源氏物語図屏風(右隻部分)
岩佐勝友 江戸時代
左 :源氏物語 野々宮図 岩佐又兵衛
   江戸時代 重要美術品
右上:源氏物語図屏風残闕・葵
   伝 俵屋宗達 江戸時代
右下:源氏物語図屏風(右隻)
   江戸時代

古唐津−大いなるやきものの時代

2017年2月11日(土・祝)〜3月26日(日)

絵唐津柿文三耳壺
桃山時代 重要文化財
奥高麗茶碗 銘 秋夜
桃山時代
絵唐津丸十文茶碗
桃山時代
絵唐津松文大皿
桃山時代
朝鮮唐津上手付水注
桃山時代

節目の年にふさわしい多彩な展覧会を、
どうぞお楽しみください。

ご利用にあたって

出光美術館は、昭和41年(1966)、出光コレクションを展示する美術館として東京都千代田区丸の内に開館しました。美術館は皇居のお濠に面した帝劇ビルの9階に位置します。ビルのワンフロアであることを感じさせない独特の空間は、開館当初の伝統的な和の雰囲気を残しつつ、その後の改装を経て、より快適にゆったりとお過ごしいただける環境へと整備をかさね、現在に至っています。

■50周年記念CM「しゃべるコレクション」

50周年をテーマに展覧会CMを制作しました。タイトルは「しゃべるコレクション」。出光美術館にしか表現できない物語をかたちにしました。

インフォメーション

住所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階
(出光専用エレベーター9階)
お問い合わせ
ハローダイヤル 03-5777-8600(展覧会案内)
開館時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
毎週金曜日は午後7時まで
(入館は午後6時30分まで)
入館料
一般1000円/高・大生700円
(団体20名以上 各200円引)
中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です
休館日
毎週月曜日
(ただし月曜日が祝日および振替休日の場合は開館)
年末年始および展示替期間
交通
JR「有楽町」駅 国際フォーラム口より徒歩5分
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅/
都営三田線「日比谷」駅 B3出口より徒歩3分
東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」駅
有楽町線方面 地下連絡通路経由 B3出口より徒歩3分

■東京メトロ日比谷線、千代田線でお越しの方へ

地下鉄で当館へお越しいただく場合、最寄り出口は「B3」をご案内していますが、日比谷線・千代田線の「日比谷」駅周辺には、「B」出口の表記がございません。
東京メトロの構内表示に従い、地下の連絡通路を有楽町線方面に向かって進んでいただき、「有楽町」駅付近に近づくと、「B」出口の表記が出てきます。
なお、出光美術館方面への最もわかりやすい案内表示の目印は「帝国劇場」です。

■B3出口から1階入口(出光興産正面入口)までのご案内

「B3」出口は帝国劇場が入っている帝劇ビルの地下2階、帝劇地下街に直結しています。自動扉を入って直進し、突き当たりを右に折れると、左側にエレベーターのりばがございます。いちばん左の稼働している1台をご利用になり、地上1階へおあがりください。エレベーターを降りて左側が、出光興産の正面入口です。
そこから専用エレベーターに乗って、出光美術館のある9階フロアまでお越しください。

■お車でお越しの方へ

当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用ください。
当館ビル地下の駐車場は「国際ビルガレーヂ」です。

ポスターでめぐる50年

ご利用にあたって

この記述は、出光興産株式会社(以下当社といいます)が管理・運営するウェブサイト(以下当ウェブサイトといいます)に適用します。

免責事項について

当社は当ウェブサイトの運営にあたり、下記の各条項に定める事項については、免責されるものとします。当ウェブサイトをご利用のお客様は、本免責事項の内容をご承諾いただいたものと見なしますので、ご了承ください。

  1. 当社は、当ウェブサイトにおける各種サービスまたは各種情報の提供またはその遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、その他当ウェブサイトに関連して発生したお客様または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。
  2. 当社は、お客様が当ウェブサイトのご利用にあたり入力、送信した個人情報については、暗号化処理等を行い、厳重に保管・管理し個人情報の保護に十分な注意を払いますが、情報の漏洩、消失、第三者による改ざん等の防止の保証はいたしかねます。したがって、当社は、情報の漏洩、消失、第三者による改ざん等により発生したお客様または第三者の損害について、一切の責任を負担いたしません。
  3. 当社は、当ウェブサイトにて提供する情報やサービス、およびお客様が当ウェブサイトや当社がお送りしたメール等を通じて取得する情報等に関して、その安全性、正確性、確実性、有用性、最新性、合法性、道徳性、コンピュータウィルスに感染していないこと等のいかなる保証も行うものではありません。したがって、当ウェブサイトにて提供する情報やサービス、上記の方法を通じてお客様が取得する情報等に関連して、お客様または第三者が損害を被った場合においても、当社は一切の責任を負担いたしません。
  4. 当社は、当ウェブサイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切関知しておらず、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用ください。
    当社は、お客様の便宜のためにこれらのウェブサイトへのリンクを提供しているにすぎず、これらのウェブサイトの利用や掲載商品、サービス等を推奨するものではありません。また、これらのリンクは、当社およびパートナー企業とリンク先のウェブサイトを管理・運営する法人・個人との間に、必ずしも提携・協力等の特別な関係があることを意味するものではありません。
  5. 当社は、お客様から提供された電話番号、住所、メールアドレス等をお客様の連絡先として取り扱うものとし、当該連絡先の変更、誤り等により生ずる損害については、一切の責任を負わないものとします。
  6. 会員登録時に届け出たメールアドレスおよびパスワードの管理は、会員自身の責任で行うものとします。会員のメールアドレスおよびパスワードの管理不十分による第三者の利用、使用過誤等に起因する損害等について、当社は一切責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて

禁止事項について

  1. 当社または第三者に対し、不利益もしくは損害を与える行為、財産もしくはプライバシーを侵害する行為、名誉もしくは信用を毀損する行為、またはそのおそれのある行為。
  2. 公序良俗に反する行為、犯罪行為または犯罪に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
  3. 他人の電子メールアドレスを登録する等、虚偽の申告、届出を行う行為。
  4. 営業活動または営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為。
  5. コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはそのおそれのある行為。
  6. 法律、法令または条例に違反する行為、またはそのおそれのある行為。その他出光興産が不適切と判断する行為。

著作権等について

当ウェブサイトに掲載されている情報、内容、商標、ロゴマーク、画像等に関する著作権、商標権、その他の知的財産権は特に明記されていない限り、当社に帰属します。
事前に当社から文書による承諾を得ることなく、私的利用その他法律によって明示的に認められる範囲を超えて、これらの一部または全部をそのままあるいは改変して転用、複製することを禁止します。

当ウェブサイトから他社のウェブサイトへのリンクに関するご注意

  1. 当ウェブサイトからリンクを張っている当社以外のウェブサイトは、それぞれの法人・個人の責任において管理・運営されており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。
  2. 当社は、お客様がリンク先のウェブサイトをご利用になったことにより生じた、いかなる損害についても責任を負いません。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用ください。
  3. 当社は、お客様の便宜のためにこれらのウェブサイトへのリンクを提供しているにすぎず、これらのウェブサイトの利用や掲載商品、サービス等を推奨するものではありません。
  4. また、これらのリンクは、当社とリンク先のウェブサイトを管理・運営する法人・個人との間に、必ずしも提携・協力等の特別な関係があることを意味するものではありません。

当ウェブサイトへのリンクについて

原則として自由(リンクフリー)ですが、各ページのURLは変更・削除を行うことがありリンク切れが発生することがございますので、出光トップページ(http://www.idemitsu.co.jp/museum/50th_anniversary/pc/)へのリンクを推奨しております。
次の条件を満たしている場合は、申請の必要はございません。バナー画像等が必要な場合は、別途ご相談願います。

  1. リンクを設定する箇所には、当サイトへのリンクである旨を必ず明記してください。
  2. 必ず別ウィンドウによる、単独での表示としてください。フレーム内での表示、リンク元や他のコンテンツと組み合わせて表示することはお断りします。
  3. 当社の趣旨に合わない場合、当社の事業や信用を害する恐れがある場合は、事後においても、リンク自体をお断りいたします。

尚、当サイトにリンクされているリンク先のサイトに関して、当社がそのリンクサイトの利用を推奨したり、リンクサイトに掲載されている商品やサービス、会社を推奨していることはございません。

ご覧いただくブラウザについて

推奨環境

モニタ解像度 1024×768以上
通信環境 128kbps以上

表示を推奨するブラウザ/OSのバージョン

Windows:IE10以上、Chrome・FireFox各最新ver.
Mac:Chrome、FireFox各最新ver.
Android:4.0以上
iOS:8.0以上

上記バージョン/OS以外のブラウザをご利用の方

上記バージョン/OS以外でMicrosoft Internet Explorer、Netscape、Firefox、Safariをご利用の方、またはその他メーカーのブラウザをご利用の方は、基本的に表示はされますが、表示の保証はいたしかねます。ブラウザのバージョンアップについての情報は各メーカーのウェブサイトでご確認ください。

印刷について

ブラウザ/OSの特性上、印刷結果が実際の画面表示と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

ブラウザ特有の仕様について

ページの表示や操作を行う際に、ブラウザ特有の仕様によって他のブラウザとは動作が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
(例:ページ表示時にお客様の判断を求める確認画面が表示される)