ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

製品による環境改善

ディーゼルエンジンオイル

環境保全とコスト削減を両立させます

環境保全とコスト削減を両立させます
世界的なCO2排出量抑制への動きや、排気ガス中のNOx・PM規制強化などを背景に、ディーゼル車をめぐる環境改善運動は急激に進展を遂げ、エンジンオイルにも省燃費や廃油量削減(長寿命化)がより強く求められています。これを受け、2001年4月から日本車のエンジンにより適した新規格DH-1※1が誕生し、ディーゼルエンジンオイルは新しい時代を迎えました。省燃費化・ロングドレン化は、コストダウンにも直結する大きな課題です。出光は環境保全とコスト削減の両面から「低価格化からランニングコストダウンへ」「シングルからマルチへ」を推進。省燃費かつロングドレンの高性能マルチグレードエンジンオイルをご提案しています。
※1
JSAE(社団法人日本自動車技術会)により制定された自動車用ディーゼル機関潤滑油(JASO M355:2000)の品質規格名称。日本製エンジンにより適合し、高い動弁耐摩耗性、EGR対応による低公害性、ロングドレンといった特性を持つ。

設備用潤滑油

環境対応・コストダウン・安全性を高レベルで実現します

各種プラントでの消費エネルギー削減や廃棄物削減は、出光の製品開発の大きなテーマ。低コスト化・作業環境の安全性向上とともに、環境保全の面からも高水準の製品づくりをめざしています。

設備用潤滑油からの環境改善

対象製品 課題 出光の環境改善ポイント
油圧作動油
工作機械油
ギヤオイル
軸受油
地球温暖化防止
(CO2抑制)
  • 低粘度化により省エネ性能の向上をはかります。
  • 低温下に強い高粘度指数油により暖機運転にかかるエネルギー消費を削減します。
  • 高潤滑性油の研究開発を推進します。
油圧作動油
摺動面油
圧縮機油
グリース
廃棄物削減
  • 製品の長寿命化による廃棄物削減を進めます。
  • 油剤選定や性状管理など適切な潤滑管理をアドバイスし、更油間隔の延長をはかります。
油圧作動油
(水可溶化油・
脂肪酸エステル)
水質汚濁防止
  • COD値の低減化により廃液処理性の向上をはかります。
  • 生分解性油の研究開発を進め、環境保全に努めます。
設備用潤滑油全般
圧縮機油
油圧作動油
作業環境改善
  • 出光独自の水素化改質製法による高精製度基油を採用し、皮膚のかぶれなどを起こしにくい製品をお届けします。
  • 低カーボン油、難燃油などの研究開発により火災対策を進めます。

切削油の脱塩素化

出光は塩素系切削油を全廃しました

出光は塩素系切削油を全廃しました
塩素系切削油は廃油を焼却処理する際に、猛毒のダイオキシンを発生する疑いがあると指摘されています。
このため、塩素系切削油のJIS規格が廃止され潤滑油業界では塩素系切削油に対する規制をスタートさせています。
出光ではいち早く非塩素系切削油の開発を進め、1991年「マーグプラスシリーズ」を商品化し、各種ワーク、加工法に対応した非塩素系切削油をラインアップし、2003年3月をもって塩素系切削油の生産を中止しました。
次世代に美しい地球を残すため、環境に優しい非塩素系切削油を出光はお薦めします。

塩素系切削油は分別回収し、適正に処理してください。

出光の塩素系切削油には、2001年4月から「塩素系添加剤含有品」と記された黄色いラベル表示を実施します。このラベルのある製品は非塩素系油と分別して回収し、適正に処理してください。

非塩素系切削油への切り替えをお薦めします。

塩素系切削油に代わる製品として、高性能・低公害性に配慮した非塩素系切削油をお薦めしています。

非塩素系切削油のメリット

  • 塩素が原因となる猛毒のダイオキシンの発生の懸念がありません。
  • また酸性雨の原因とされている塩素ガスの発生がありません。
  • 塩素によるサビや腐食がなくなり、特に低温での設備劣化を抑制します。
  • 樹脂材料の破損、劣化(割れや膨潤)を防ぎます。分別回収の必要がなく、処理コストの低減につながります。
塩素系添加剤含有品
塩素系切削油にはこのラベルを表示します。

クーラント

廃棄物・有害物質の削減を進めています

廃棄物・有害物質の削減を進めています
出光では「廃液量削減」「環境負荷低減」の2つをテーマに高性能クーラントを追究しています。廃液量削減策としては、製品の長寿命化と現場油剤管理の徹底をはかり、また環境負荷低減策としては、PRTR法による排出量届け出の必要がなく、ボロン・リン・塩素などの環境負荷物質を使用しない製品づくりを進めています。
この2つのテーマを高水準で満たすのが、乳化破壊対策シンセティッククーラント※1。液寿命が長く廃液処理性にも優れた、次世代型クーラントです。
※1
PRTR法で定められた届け出義務のないクーラント。

お問い合わせは
お気軽に!

燃費改善

節電効果

ピックアップ

出光のサービスステーションでご購入可能なエンジンオイルの紹介です。環境対応型の製品も揃えてます。
このページの上部へ