ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

潤滑油と法規制

危険有害物の法規制と潤滑油の関係早わかり
潤滑油は、基油(ベースオイル)と添加剤とから成り立っています。その種類も自動車用エンジン油をはじめ、工場で使用されるギヤ油など多岐にわたります。その上、潤滑油の用途が広範囲であるため、関連する法規も少なくありません。ここでは潤滑油に関連したいくつかの法規制を紹介します。

危険有害性の分類

化学物質の危険性、有害性が話題になり、テレビや新聞で報道されることが多くなりました。法律では、この危険有害性をどのように分類しているのでしょうか。

労働省の告示によれば、危険有害性は表-1のように分類されており、爆発するもの、急性毒性があるもの、というように11種類に分かれています。

では、潤滑油はどの分類に該当するのでしょうか。一部の軽質油を使用した製品では、引火性液体に該当する場合がありますが、大部分の潤滑油は、これら危険有害性の分類には該当していません。
表-1 危険・有害性分類基準
分類の名称 関連法規 該当物質例
爆発性物質 火薬取締法 ニトログリセリン
高圧ガス 高圧ガス保安法 圧縮アセチレンガス
液化ガス
引火性液体 消防法 ガソリン、灯油、キシレン
可燃制固体または可燃性ガス 消防法 硫黄、マグネシウム粉
自然発火性物質 消防法 黄リン、アルキルマグネシウム
禁水性物質 消防法 金属ナトリウム
酸化性物質 消防法 硝酸、塩素酸塩
自己反応性物質 消防法 ニトロソ化合物
急性毒性物質 毒物および劇物取締法 シアン化水素、砒素、水銀
腐食性物質 安衛法 硫酸、硝酸、塩酸
その他有害性物質 安衛法 塩素化ビフェニル

引火性の分類と規制

潤滑油は石油製品であるため、一般にはまず、引火するのではないかと思われているようです。なるほど、グリース類や水溶性切削油剤の一部を除いて、多くの潤滑油には確かに引火性があり、その程度が区分されています。

労働安全衛生法には、「引火性の物」と規定した法律分類がありますが、この「引火性の物」は、引火点65℃未満が対象になっているところから、潤滑油の多くは、この「引火性の物」の対象外となります。

消防法での規制は、どうなっているのでしょうか。表-2に消防法危険物第四類の引火性液体をまとめたものを示しました。

潤滑油は多くが、消防法の危険物第四類の第三および第四石油類に分類されています。その定義は、第四類第三石油類では引火点70℃以上200℃未満、第四類第四石油類では、引火点200℃以上が分類基準となっています。

尚、2002年6月の消防法改正で、引火点が250℃以上の物品は危険物の指定から外れ、「可燃性液体類」になりました。詳細は当ウェブサイト「トピックス」で掲載されている「消防法改正について」をご参照ください。
表-2 消防法危険物第四類引火液体分類基準と該当物質例
第四類の分類 分類基準 該当物質例
特殊引火物 ・発火点が100℃以下
・引火点が-20℃以下で沸点が40℃以上のもの
ジエチルエーテル
二硫化炭素
第一石油類 引火点が21℃未満 ガソリン
アセトン
アルコール類   メタノール
エタノール
第二石油類 引火点が21℃以上70℃未満 灯油、軽油
第三石油類 引火点が70℃以上200℃未満 ATF、重油、切削油
第四石油類 引火点が200℃以上 エンジン油、ギャー油

お問い合わせは
お気軽に!

燃費改善

節電効果

ピックアップ

出光のサービスステーションでご購入可能なエンジンオイルの紹介です。環境対応型の製品も揃えてます。
このページの上部へ