ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • Global

ユニラックスRSグレード

ユニラックスRS-510C

ラミネート用CPPフィルム(低温シールグレード)

先端の技術と当社のノウハウから生まれたTダイ法による共押出多層フィルムで、ドライラミネート、ノンソルラミネートのヒートシール基材として優れた特長を持っています。

製品特長

  • 優れた低温ヒートシール性、シール強度
  • 透明性の高い、すっきりとしたラミネートフィルム
  • 腰が強く、ラミネート加工適性・包装機適性も良好

一般物性

グレード名

ユニラックス
RS-510C

試験法
厚み(μm) 25 -
引張弾性率
(MPa)
MD 1,200 JIS Z 1702
TD 1,160
引張強度
(MPa)
MD 70
TD 40
引張伸び
(%)
MD 480
TD 590
引裂強度
(N/cm)
MD 30 JIS K 7128
TD 1,300
衝撃強度(J/m) 21,000 出光法※1
ヘイズ(%) 3.6 JIS K 7105
シール温度(℃)※2 123 出光法
静摩擦係数
(−)
処理面/処理面 0.21 出光法
(傾斜法)
シール面/シール面 0.10
※1
15kg、1.0inchヘッド
※2
シール温度;熱傾斜試験機 0.2MPa、1.0sec
エーテル系接着剤でドライラミネート後、エージング温度(38℃以上)や巻き硬さよってフィルムの滑り性や耐ブロッキング性が低下することがありますのでご注意ください。
40℃以上の条件下で長期在庫された場合、滑剤等の浮出しで透明性、ヒートシール性等の物性が変化することがありますのでご注意下さい。
本資料に記載されたデータは、特定条件で得られた測定値の代表例です。
本資料の内容は、改良のため予告なく変更することがありますのでご了承ください。
このページの上部へ