ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

シンジオタクチックポリスチレン樹脂(SPS)

シンジオタクチックポリスチレン樹脂(SPS)は、1985年、出光が世界初の合成に成功し、1997年にわが社が世界で最初の工業化を達成した純国産のポリマーです。(商品名『ザレック』(XAREC)は、シンジオタクチックポリスチレン樹脂(SPS)を使ったグレード群のブランドです。)

その特長としては、エンプラの中で最も軽い樹脂の一つであること、加水分解せず耐スチーム、耐酸、耐アルカリ性に優れること、流動性に優れ、型再現性が良好であること、誘電損失が極めて小さく、耐トラッキング性も良好なこと、耐熱性が高いこと((融点は約270℃、GF30%強化グレードの高荷重たわみ温度は約250℃)、耐薬品性としてはオイル、脂肪族系溶剤に高い耐性を有することが挙げられます。

なお、商品名『ザレック』(XAREC)の中には、PSとアロイ化して非晶性に変化したDグレードがあります。これは非晶性樹脂の中では、耐熱性、耐油性、耐加水分解性に優れています。

特長

シンジオタクチックポリスチレン樹脂(SPS)は、普通のポリスチレンとは立体構造が異なるポリスチレンであり、図のように規則的に交互に配置する構造をとることで普通のポリスチレンにはなかった性質を発現した新素材です。
シンジオタクチックポリスチレン樹脂(SPS)
シンジオタクチックポリスチレン樹脂(SPS)結晶化するポリスチレンです。これにより、普通のポリスチレンのように透明ではなく乳白色となったものの、高い耐熱性と耐薬品性をポリスチレンに付加することができました。

かつてない組み合わせの特長をもつ材料であるシンジオタクチックポリスチレン樹脂(SPS)は、お客様の開発する部品の機能向上や多角的性能の付与などに活かされ、製品名『ザレック』(XAREC)として多くのご支持をいただいております。

ピックアップ

街の中、家の中、お店、農場・牧場で、驚きの出光 最先端技術をご紹介。
このページの上部へ