ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

低温環境でも壊れにくくしたい

用途例:電池パック、コネクタ、モバイルフォン、保安部品

コストダウン対策として軽量化を目的に製品肉厚を薄肉化するケースがあります。この際、薄肉化による成形性低下を避けるため、分子量の低い高流動タイプのポリカーボネートが選定される場合が多々あります。
ポリカーボネート樹脂はある程度の分子量以上であれば、低温環境でも衝撃強度に優れた材料ですが、さすがに-40℃といった極低温の環境になると衝撃強度が低下します。
タフロン™ネオは、低温環境でも運動性の高いシロキサンを共重合させることにより、同等分子量の一般ポリカーボネートに比べ、極低温環境での衝撃強度を向上させた材料です。 低温環境下(寒冷地、低温倉庫など)で使用される製品の軽量化、小型化に適した材料として期待されます。





  • 本資料に記載されたデータは、特定の条件下で得られた測定値の代表例です。
  • 本資料に記載されている用途は、本製品の当該用途への適用結果を保証するものではありません。
  • 本資料で紹介した用途向けの使用に際しては、産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)の侵害にもご注意ください。当社は、産業財産権の侵害に対する責任は負いません。
  • 本資料の内容は、改良のため予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。
このページの上部へ