ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

耐アルカリ性を向上させたい

用途例:太陽電池、家電製品

強度や外観などの観点でポリカーボネートを使用したいが、アルカリ性の薬品に接触する可能性があるためポリカーボネートが使えないといったことが多々あると思います。これは、ポリカーボネートの名前の由来となっているカーボネート結合がアルカリと接触すると分解が加速し、強度低下や外観低下を起こすためです。シロキサンを共重合させたタフロン™ネオでは、シロキサンの効果により、耐アルカリ性の向上を確認しています。
屋外用途では、鳥の糞による耐アンモニア性が要求される場合がありますが、この耐アンモニア性に関して一般ポリカーボネートに比べ耐性が向上していることを確認しています。
ポリカーボネート最大の弱点である耐アルカリ性の向上は、大幅な向上とはいきませんが、ポリカーボネートの用途拡大が期待されるものと思われます。
常温、3点曲げ0.7%以上の歪での外観評価(Good:異常なしorPCより耐性が高い Poor:耐性が低い)


耐アンモニアガス性試験





  • 本資料に記載されたデータは、特定の条件下で得られた測定値の代表例です。
  • 本資料に記載されている用途は、本製品の当該用途への適用結果を保証するものではありません。
  • 本資料で紹介した用途向けの使用に際しては、産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)の侵害にもご注意ください。当社は、産業財産権の侵害に対する責任は負いません。
  • 本資料の内容は、改良のため予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。
このページの上部へ