ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

タフロン主要グレード

2017年 8月3日

アロイ系グレード物性表

 特長   メッキ性 メッキ性 高強度
耐薬品性
耐薬品性
高流動
 グレード名   SC-170 SC-253 SC-300 SC-420
試験項目 単位 測定法 (測定方法、条件) >PC+ABS< >PC+ABS< >PC+PET< >PC+PET<
密度 g/cm3 ISO 1183
(JIS K 7112)
  1.11 1.11 1.21 1.21
吸水率 ISO 62
(JIS K 7209)
24h 50%RH 0.23 0.23 0.25 0.25
流動特性        
メルトボリュームフローレイト
(MVR)
cm3/10min ISO 1133
(JIS K7210)
  280℃ 2.16kg
8
機械的特性        
引張(降伏)強さ*1 MPa ISO 527-1,2
(JIS K7161, 7162)
  Y50 Y45 Y60 Y60
引張破壊ひずみ*2 tB85 tB95 tB100 tB100
曲げ強さ MPa ISO 178
(JIS K7171)
  65 60 90 80
曲げ弾性率 GPa 1.95 1.7 2.2 2.2
シャルピー衝撃強さ kJ/m2 ISO 179-1
(JIS K7111)
ノッチ有  23℃ 50 50 74 70
ロックウエル硬さ ISO 2039-2
(JIS K7202-2)
R scale
/M scale
R100 R95 R120 R120
熱的特性        
荷重たわみ温度  ISO 75-1,2
(JIS K7191-1,2)
0.45MPa
1.8MPa 100 100 114 109
線膨張係数 ×10-5/℃ ISO 11359-2   6.3 6.3 7 7
成形収縮率  出光法 2mm MD 0.5〜0.7 0.5〜0.7 0.6〜0.7 0.7〜0.8
2mm TD 0.5〜0.7 0.5〜0.7 0.6〜0.7 0.7〜0.8
光学的特性        
全光線透過率 ISO 13468-1
(JIS K7361-1)
 
燃焼性・UL関連規格等        
燃焼性 mm thickness UL94 燃焼クラス
/最小厚み
電気的特性        
耐電圧(絶縁破壊強さ) kV/mm IEC 60243-1
(JIS C2110)
 
アーク抵抗 PLC level ASTM D495  
体積固有抵抗 Ω・cm ASTM D257  
比誘電率 IEC 60250 1MHz
誘電正接 1MHz
標準成形条件        
シリンダ温度       250〜270℃
(上限280℃)
250〜270℃
(上限280℃)
260〜280℃
(上限300℃)
260〜280℃
(上限300℃)
金型温度       60〜80℃ 60〜80℃ 60〜80℃ 60〜80℃
乾燥条件       110℃、
5〜8時間
110℃、
5〜8時間
120℃、
5〜8時間
120℃、
5〜8時間
※1
引張降伏応力の場合は、数字の前にYを付ける。
※2
引張破壊呼びひずみの場合は、数字の前にtBを付ける。
  • 本資料に記載されたデータは、特定の条件下で得られた測定値の代表例です。
  • 本資料に記載されている用途は、本製品の当該用途への適用結果を保証するものではありません。
  • 本資料で紹介した用途向けの使用に際しては、産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)の侵害にもご注意ください。(当社は、産業財産権の侵害に対する責任は負いません。)
  • 医療器具、医療品用途には使用できません。
  • 食品器具・包装用途に使用される場合は、事前に対象グレードについて関係法令(食品衛生法等)に関する適合性を弊社販売担当者に十分確認していただき、納入仕様書を締結していただきますようお願いいたします。
  • 当社製品を原料として、お客様にて加工された製品の各種法令への適合性は、お客様自身の責任において確認していただくようお願いいたします。
  • 本資料の内容は、改良のため予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。
  • 本資料に記載した燃焼性は、小規模試験による評価であり、実際の火災での危険性の評価にそのまま適用することはできません。
このページの上部へ