ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい

有限会社安来石油店

有限会社安来石油店 社長 原本 貴晴

山陰出光会の(有)安来石油店さん(本社:島根県安来市安来町1115)での、社会貢献活動(=地域貢献活動)を紹介いたします。

まずは、(有)安来石油店さんの位置する安来市についてです。安来市は出雲国風土記でスサノオノミコトが語った「吾が御心は安平(やす)けくなりぬ」に由来すると言われています。現在もその名残を留め、日常の喧騒を忘れてその風景に癒され、心安らかになる人もいると言われています。
また、今は、NHKの連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の著者武良布枝さんの出身地として、良く耳にされる方もおられると思います。

今般、紹介させていただきます(有)安来石油店さんは、1956年(昭和31年)に創業され、以来、地域に密着し、地域に貢献することで、社業を発展されてこられました。そして、その精神に基づき社会貢献活動に取り組まれています。1つは、中学生の『職場体験学習の受入』、もう1つが、小学生の帰宅時の『十神こども見守り隊』です。

中学生の『職場体験学習の受入』は近隣の安来第二中学校の3年生を、毎年6〜7月にかけて受入れSS実習を指導されています。原本社長は受入にあたり、「事故があってはいけない等神経を使うこともあるが、将来を担う子供達に直接働くことの意義、厳しさを教えることのいい機会」として積極的に受入に応じています。

また、(有)安来石油店さんでは、社会的に子供が犠牲になる忌まわしい事件が増加している昨今、何かできることはないかと考えておられました。その矢先、お客様でもあり、地域の十神小学校の関係者でもある方からのお声かけもあり『十神こども見守り隊』を始められたそうです。十神小学校からは学年別の下校時刻予定表をもらい、その時刻、従業員2名が『十神こども見守り隊』の腕章を付け、下校の小学生に笑顔で接すると共に、時には「お帰り」の声かけをすることで、親御さんや地域の方々に安心を提供されています。

紹介させていただいた活動はもう5年以上続けておられ、原本社長からは、「地域に密着し、地域に貢献することは、当社にとって地域への恩返しでもあります。将来を担う子供達が成長し、我々と同じように考えてくれる大人が、1人でも多く地域に増えればいいなと思って続けていきます。」と今後も二つの活動を継続されることを確認させていただきました。
get adobe reader
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
このページの上部へ