ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい

株式会社浦西石油

株式会社浦西石油 社長 棚原 実

「NAHAマラソン」ボランティアを通しての地域貢献活動

我社は、那覇市主催の毎年12月に開催されるNAHAマラソンを走る参加者約2万人の全ランナーを対象に飲料水等を配るボランティア活動に毎年参加しています。

「NAHAマラソン」はいまや、国内を代表する一大スポーツイベントになりました。
那覇市とハワイ州ホノルル市の姉妹都市締結25年を記念して「太陽と海とジョガーの祭典」がスタートしたのが1985年。それから毎年、多くのジョガーの感動と友情の輪が広がっています。

私自身も30歳になったのを記念して、1988年にNAHAマラソン初参加しました。
なんとか4時間の壁を切ろうと熱くなった時期もありましたが、最高記録4時間12分がベストタイムでした。
連続出場15回の間、多くの人に励まされボランティアの方にも助けられなんとかゴールに辿り着いた瞬間は、本当に嬉しいものでした。

ふくらはぎの故障でマラソンをやめたのが5年前、今度は今迄の恩返しのつもりで、会社の社員とコース中間地点近くに朝一番でテントを張り、水200L、バナナ10kg、かりんとう10袋、みかん5kg、おにぎり200個をランナー一人ひとりに手渡しで配っていますが、休みなく続く活動は大変疲れます。
それでも、ランナーのみなさんから「ありがとうございます」と笑顔で返されるとガンバレ、ガンバレと一体に走っている感じになり、満足感に浸ります。
毎年12月のレースが近づくと今度は何のおにぎりにしようかなと考えてしまいます。

いつまで続くか分かりませんが、今後も地域貢献活動として、大会趣旨に沿い「平和祈念・スポーツ意識の高揚による健康増進・観光客の増大と国際親善交流の促進」に微力ながら寄与していきたいと考えています。
「NAHAマラソン」ボランティアを通しての地域貢献活動
このページの上部へ