ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい

株式会社川崎商会

株式会社川崎商会 社長 川崎 良子

取り組みの背景

  1. 出光会の活動
    昭和48年全国出光会として、クリーンアピール活動の全国展開が開始した。
  2. 新潟出光会の活動
    新潟出光会は推進会組織『一線会』を実働部隊としてブロック毎の活動を開始することになった。
  3. 川崎商会の活動
    川崎商会の地元である下越ブロックは「人のためにお役に立ちたい」という考えのもと、瀬波海岸清掃を開始した。
    ちなみに創業者の故川崎俊平店主は生誕地である『岩船』近隣の瀬波海岸には、強い思い入れがあった。
  4. 社内の展開
    下越ブロックは川崎商会グループSSで構成されていたため、推進会活動と同時に社内行事として取り組んだ

活動の現状

  1. 現在、新潟出光会としてのブロック毎の活動は継続していないが、その後も瀬波海岸清掃だけは川崎商会主催の活動として今年で40回目を迎えた。
  2. この活動に対し、平成18年に国土交通大臣賞が贈られ、平成23年秋の叙勲で緑綬褒章を受章された。
  • 平成18年国土交通大臣賞1
  • 平成18年国土交通大臣賞2
  1. 毎年恒例となった海岸清掃は川崎商会、傘下販売店、出光興産新潟営業所の総勢120人規模で実施されている。
  2. 現在、瀬波海岸は県下有数の美しさで知られ、毎年約10万人の海水浴客でにぎわう。昨年環境省選定快水浴場100選にも選ばれた。

社内の反応

  1. 当初は休日返上での参加のため、やらされ感もあったが、清掃終了後の昼食会、相撲・綱引大会等の余興も愉しみとなり、恒例行事として定着した。
  2. また日頃は県下一円で勤務している社員の大半が一堂に会する機会でもあり、同窓会的な盛り上がりも呈している。

苦労したこと

社内に地域貢献の意識を浸透させること。

今後の展望

  1. 永年の活動の結果、地元小学校をはじめ海岸清掃の輪が拡大している。今後も地域貢献活動の先駆者として活動を継続していく。
  2. また川崎社長は、この活動だけにとどまることなく新たな社会貢献活動を社員の声を吸い上げながら模索していきたいと考えている。
新潟県HP
このページの上部へ