ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

家電からハイブリッドカーまで世界初の新しいプラスチック

機能性樹脂「ザレック」
プラスチック製品の素材であるポリスチレン樹脂を出光はさらに進化させ、シンジオタクチックポリスチレン(SPS)樹脂を世界で初めて開発しました。
SPS樹脂は、ポリスチレン樹脂の弱点であった耐熱性、耐薬品性を大幅に強化した高付加価値ポリスチレン樹脂です。そんなSPS樹脂を主成分とする複合材料「ザレック」はその特性を活かして、家電からハイブリッドカーの部品まで、さまざまな用途に使用されています。

世界初の新しいプラスチック。

機能性樹脂「ザレック」

出光が世界で初めて合成に成功したSPS樹脂。その特性を活かしてさまざまな用途に使用されています。
シンジオタクチックポリスチレン(SPS)樹脂とは、従来のポリスチレンに高耐熱性と高耐薬品性が付加された新しいタイプのポリスチレンです。この新素材は、出光が1985年に世界で初めて合成に成功し、1997年に工業化を達成した純国産のポリマーです。SPS樹脂を主成分とした複合材料「ザレック」は、耐熱性、耐薬品性、絶縁性、耐熱水性といった特長を活かして、家電製品やOA機器、自動車の部品など、幅広い用途で使用されています。
ザレックは、出光興産株式会社の登録商標です。
さまざまな用途に利用される「ザレック」
さまざまな用途に利用される「ザレック」

先進のクルマを支えるプラスチック!

機能性樹脂「ザレック」

軽く、絶縁性と耐熱性にすぐれた出光の独自素材はハイブリッドカーの電装部品に使われています。
ガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせで、省燃費に貢献するハイブリッドカー。その電装部品は、最大約650ボルトの高電圧にさらされます。
出光の「ザレック」は、絶縁性と耐熱性という特性を活かして、高電圧や高温にさらされるエンジンやモーターまわりの部品として活躍。軽くて熱に強いことから、車体を軽くして燃費を向上させたいという一般自動車でも、数多く採用されています。
ハイブリッドカーの電飾部品として使用される「ザレック」
ハイブリッドカーの電飾部品として使用される「ザレック」
このページの上部へ