ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

潤滑油関連

エンジンオイルについて

ギヤオイルについて

ATFについて

(M)SDS、GHSについて

エンジンオイルについて

エンジンオイルにはどんな効果がありますか?

エンジンオイルは、ピストンリングとシリンダー壁の摩擦を減らし、摩耗を防ぐ潤滑作用のほかにも、次のようなさまざまな働きをしています。

  • ピストンリングとシリンダーの間の気密を保ち、爆発や圧縮ガスの吹き抜けを防ぐ密閉作用。
  • エンジンから発生した熱を吸収することで、必要以上の加熱を防ぎ、その熱を放散する冷却作用。
  • エンジン内部に発生するスラッジや煤などを取り払い、包み込んでしまう洗浄作用。
  • 金属の表面に膜を作り、水分等が直接触れないようにしてエンジン内部にサビが発生するのを防ぐ、防錆作用。
  • 劣化して酸性化したオイルを中和し、腐食を防ぐ作用。

エンジンオイルは見えないところで、重要な役割を担っています。

オイル交換の目安はどのくらいですか?
オイル交換の目安として3,000km〜5,000km走行での交換をお勧めしています。

注意しなければならないのは、町のちょい乗り運転(エンジンが完全に暖まらない状態での運転)が多い人の場合です。エンジンオイル内の水分(結露)が抜けず、これが原因でスラッジを発生させることがあり、距離を走らない運転でも、オイルは劣化することがあります。従って、走行距離と使用時間の両方で判断する必要があります。
オイルが劣化するとどうなりますか?
オイルを交換しないで長く使うと、添加剤の消耗、熱や空気による酸化、混入物による汚れが起きます。そして、粘度が増すことで、フリクションロスが増え、燃費の悪化やパワーダウンを引き起こします。しかしこれらは、緩やかに進行するので一般のドライバーにはなかなか判断が難しいようです。
さらに劣化が進むと、オイルがドロドロに固まり、オイル供給ラインが閉鎖され、異常摩耗と金属の溶着が起きます。またスラッジがピストンリング周りに堆積することで、リング膠着をまねきます。最悪の場合は、コンロッドの足だしといったトラブルに至ることもあります。
注ぎ足しなどで、合成油と鉱物油を混ぜても大丈夫ですか?
大きな問題はありませんが、一般的には性能の低いオイルに引っ張られる傾向がありますので、ご注意ください。
ガソリンエンジンにディーゼルエンジンオイルは使えますか?
ガソリン用とディーゼル用では、オイルに対する要求特性が異なりますので、それぞれ専用のオイルを使用してください。
なお、ディーゼル用オイルは、軽油中の硫黄分を中和するためにアルカリ性添加剤を強化すると共に、ディーゼル特有のススや汚れに対応した清浄分散剤を強化しています。
一方、ガソリン用オイルに必要な特性は、高速回転に対応できる動弁系の摩擦防止になります。
ディーゼルエンジンにガソリンエンジンオイルは使えますか?
ガソリン用とディーゼル用では、オイルに対する要求特性が異なりますので、それぞれ専用のオイルを使用してください。
なお、ディーゼル用オイルは、軽油中の硫黄分を中和するためにアルカリ性添加剤を強化すると共に、ディーゼル特有のススや汚れに対応した清浄分散剤を強化しています。
一方、ガソリン用オイルに必要な特性は、高速回転に対応できる動弁系の摩擦防止になります。
4サイクルエンジンオイルに2サイクルエンジンオイルを使用した場合どうなりますか?
4サイクルと2サイクルエンジンではオイルに対する要求性能も異なっているので、4サイクルエンジンには4サイクル専用油をお勧めします。
2サイクルエンジンオイルに4サイクルエンジンオイルを使用した場合どうなりますか?
4サイクルと2サイクルエンジンではオイルに対する要求性能も異なっているので、2サイクルエンジンには2サイクル専用油をお勧めします。
API規格とは何ですか?
アメリカ石油協会が制定する品質規格で、アルファベットが後になるほど性能が優れており、モーターオイルではSNが、ディーゼルオイルではCJ-4が、ギヤオイルではGL-5が最高レベルです。
SAE粘度とは何ですか?
米国自動車技術者協会の粘度規格です。オイルの粘度(ねばさ)を表す表記で、例えば「SAE10W-30」…の場合は、Wの前の数値が低温始動性の良さを表し(小さいほど良い)、Wの後の数値は高温での耐久性(大きいほど良い)を表しています。
自分でエンジンオイルの交換はできますか?
自分でも可能ですが、交換作業や廃油処理に手間がかかるので、出光のサービスステーションなどの専門店に依頼することをお勧めします。
合成油または鉱物油によって価格は違うのですか?
一般的に合成油の価格は高く、鉱物油の価格は安くなっています。価格に関しては、お近くの出光のサービスステーションへお問い合わせください。(※1)。
※1
合成油は、石油製品のナフサから人工的に造られたもので、鉱物油と比べ生産に要する設備や工程が多いことから高い価格となっています。また、一般的に鉱物油に比べて耐熱性能や酸化安定性能が高く、優れた性能を有しております。
2サイクルエンジンオイルは、バイク等にしか使えないのですか?
2サイクルエンジンを使用している草刈機やボートの船外機等にも使えます。ご使用エンジンの取り扱い説明書をご確認ください。
スクーターやミニバイクなど2サイクルエンジンのオイルはどのくらいで減りますか?
2サイクルエンジンは、燃料(ガソリン)とエンジンオイルを混合して燃やすため、その混合比によって、2サイクルエンジンオイルの消費量が決まってきます。一般のバイクなどでは、混合比が25:1から 50:1であり、燃料1ℓ使用ごとに2サイクルエンジンオイルが20〜40cc消費されます。
四輪車用のオイルを二輪車にも使用しても良いですか?(4st エンジン用オイル)
二輪車のオイルはエンジン部分だけでなくギヤ部分の潤滑も行なっている場合があります。その場合、5W-20、0W-20等の省燃費オイルではギヤオイルとしての粘度が低すぎるため、二輪車に使用される際は、10W-30や15W-40等の高粘度品をご使用ください。
オイルを規程以上に入れるとどうなるのですか?反対に、少ない場合はどうなるのですか?
オイルが多いと摩擦ロスが増えるため、燃費が悪化しパワーもダウンします。さらに多いと燃焼ガスと混合して、マフラーから排出されることもあります。
オイルが少ない場合は、オイルの休息時間が不足するため、劣化が早まります。また、坂道や横Gがかかるポイントでサクション量不足が生じる場合があります。

ギヤオイルについて

ギヤオイルとは何ですか?
車両用ギヤオイルはマニュアルトランスミッション部やデファレンシャル部等に使用され、歯車部を潤滑して摩耗や焼付き等を防止します。
どのグレードのオイルを使用すればよいのですか?
車両および使用箇所により使用するオイルのグレードが異なります。自動車の取り扱い説明書等でご確認いただくか、出光のサービスステーションスタッフにお尋ねください。
自分でギアオイルの交換はできますか?
トランスミッションやデファレンシャルギヤ等は、交換作業が難しいため、出光のサービスステーションなどの専門店で行うことをお勧めします。
自分でオイル交換した際、使用済みのオイルを引き取ってもらうことはできますか?
ギヤオイル交換後の廃油は、家庭用ゴミと異なり産業廃棄物となります。専門の廃棄物処理業者で処理をお願いします。なお、出光のサービスステーションにおいても、有料で引き取りを行なう場合もありますので、お近くのサービスステーションへお問い合わせください。
ギヤオイル交換をするとどのような効果がありますか?
ギヤオイルにはトランスミッションやデファレンシャルギヤの歯車の摩耗を防止する役割があります。長時間使用するとオイル中に発生した摩耗粉が歯面や軸受けを傷つけ、機器の性能を低下させることがあります。そのため、定期的なオイル交換が必要です。2年または20,000km走行での交換をお勧めしています。
ATFとは何ですか?
オートマチックトランスミッション(AT)車に搭載されているAT装置専用オイルです。ATFは、クラッチ操作やギヤチェンジ等の動作を行うための作動油・潤滑油等の働きをするオイルです。
CVTFとは何ですか?
コンティニュアスリーバリアブルトランスミッション(CVT)という特殊な自動変速機用のオイルです。CVTは2つのプーリ(滑車)とベルトを利用した自動変速機で、通常のMT車やAT車とは違い、低速から高速まで継ぎ目のないスムーズな加速が可能です。変速ショックもなく、燃費も良くなるため、近年CVTが普及しています。
ATF・CVTFも交換したほうが良いのですか?
ATF・CVTFは走行距離や時間の経過とともに熱による酸化や摩耗紛の混入などによる劣化が起こり、また添加剤が消耗するため、本来の機能が発揮できなくなります。20,000km走行を目安に交換すると、本来の性能が維持できます。(※2
※2
無交換のまま5万km以上を走行したATF・CVTFの場合は、スラッジなどの堆積があるため、整備工場などでの詳細点検をおすすめします。

ATFについて

ATF交換の目安はどのくらいですか?
初期性能を保つために、20,000km走行を目安に交換をお勧めしています。
ATFは、一般に粘度指数が非常に高く、粘度指数向上剤としてポリマーを使用しています。このポリマーが約20,000kmで粘度低下するためです。

(M)SDS、GHSについて

製品の(M)SDS(製品安全データシート)が欲しいのですが、どうしたら良いですか?
潤滑油サイト詳細ページにてご確認ください。
(M)SDSダウンロード

なお、(M)SDSダウンロードページに掲載のない製品の(M)SDSは、下記潤滑油のお問い合わせフォームよりご請求をお願いします。
潤滑油のお問い合わせ
商品のラベルに絵表示が入っていますが何故ですか?
「化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)」を踏まえ、2006年12月1日より労働安全衛生法が改正され、法第57条に該当する商品は、絵表示入りのラベル貼付が義務付けられました。本商品は、法に対応したラベルに変更したため従来のものとは異なるラベルを貼付しています。
GHSとは何ですか?
2003年に国連より勧告されました「化学品の分類および表示に関する世界調和システム」のことです。化学物質を含む商品の危険有害性に関して世界共通の分類により、ラベル表示などを行うしくみです。詳しくは環境省のウェブサイトをご覧ください。
ラベルに記載されている絵表示の意味を教えてください。
環境省のウェブサイトでご確認ください。
このページの上部へ