ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

徳山事業所|環境への取り組み

徳山事業所は、1957(昭和32)年の操業時から、周囲にグリーンベルトを設け、緑豊かな「公園工場」としてスタートしました。これは公害基本法が公布される10年前のことで、わが国の工場における緑化や美化で先鞭をつけました。また、ガソリン中の有害物質であるベンゼンの低減、ディーゼル車の排ガス対策として必要な軽油の低硫黄化など、つねに時代を先取りした環境対策を実施してきました。製造段階や流動段階での環境負荷の低減にも努め、環境管理の国際基準ISO14001の認証を受け、これを一つの評価基準としつつも、さらに厳しい独自の対策を実施しています。

出光グループの環境ビジョン

出光グループの環境ビジョン
2010年9月、財団法人都市緑化基金が運営する「社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES:シージェス)」において山口県で初めて『社会・環境貢献緑地』に認定されました。
事業所内には、5万7千本の樹木を植栽し、敷地の東西にわたるグリーンベルトは、出光徳山のシンボルであるとともに、新幹線の車窓からも乗客の心を和ませる名物となっております。
このグリーンベルトは、騒音で地域の方々にご迷惑をかけないための緩衝緑地帯としても効果を発揮しています。21世紀は「環境の世紀」と言われており、出光はこれからも自然環境との調和を大切に考えていきます。

緑豊かな事業所

出光グループはエネルギーおよび石油関連製品供給企業として、事業を通して環境問題に対する先進的な取り組みを実行し、地球環境と調和した豊かな社会を形成することに貢献し、社会から信頼される企業になることをめざしています。

省エネルギーへの取り組み

出光では、1974年の第一次石油危機を契機に省エネ活動を本格的に開始し、当初は資源有効活用とコスト削減が狙いでしたが、1991年の地球サミット以降、地球温暖化防止の目的が加わりました。毎年目標をエネルギー消費原単位1%以上低減とし、運転改善や設備改善を限界近くまで進めてきました。近年では最新のコンピューター制御技術・解析技術を駆使しより高度な対策に取り組み、目標を着実に達成してきました。

環境方針

徳山事業所は環境保全の取り組みを積極的に行っております。
環境方針と環境マネジメントシステムの適用範囲を掲載します。
環境方針

廃棄物削減への取り組み

出光グループはエネルギーおよび石油関連製品供給企業として、事業を通して環境問題に対する先進的な取り組みを実行し、地球環境と調和した豊かな社会を形成することに貢献し、社会から信頼される企業になることをめざしています。

  • 2013年度以前のデータについては、「旧・徳山製油所」「旧・徳山工場」をご覧ください。


環境データ

徳山事業所の環境パフォーマンスを掲載しています。

  • 2013年度以前のデータについては、「旧・徳山製油所」「旧・徳山工場」をご覧ください。



このページの上部へ