ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

出光プランテック千葉|沿革・体制図

沿革

1963年 1月 出光興産株式会社の全額出資により設立(資本金500万円・従業員40名)
1969年 10月 港湾運送事業(千葉港4種限定)認可により潤滑油の沿岸荷役業務を開始
1977年 4月 姉崎倉庫竣工、潤滑油ドラム品の保管、入出荷業務を開始
1978年 3月 成田新空港向けジェット燃料のタンク車出荷を開始
1984年 1月 建設業「造園工事業」の県知事免許取得。緑地管理から工事受注へと規模拡大
1986年 5月 複合樹脂製造装置(ABC装置)の運転業務を開始
1987年 5月 石炭ボイラー稼動に伴い石炭受払、石炭灰の払出業務を開始
6月 資本金を1,000万円に増資
1990年 6月 資本金を1,500万円に増資
1998年 11月 「千葉旭興産(株)」から「(株)出光プランテック千葉」に社名変更
1999年 4月 警備・防災業務開始
2000年 4月 潤滑油千葉配送センター業務開始
タンク清掃・油回収業務開始
2001年 1月 新複合樹脂製造装置(第2ABC装置)の運転業務を開始
2003年 12月 出光千葉資材センター業務開始
2005年 4月 潤滑油製造業務開始
2006年 4月 化学品貯蔵・入出荷業務開始
2008年 10月 試験業務開始
2011年 7月 成形加工業務請負開始
2013年 4月 袖ヶ浦事業所発足、ベンチプラントの運転業務請負開始

体制図

体制図

2017年9月1日現在

このページの上部へ