ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

常圧蒸留装置の熱交換器付近からの一時的な炎の発生について

2015年7月1日
本日14時35分頃 北海道製油所の常圧蒸留装置の熱交換器付近より一時的に炎が発生しました。
直ちに苫小牧消防本部、苫小牧警察署へ通報し、苫小牧市消防により炎の消失が確認されました。
地域の皆さまをはじめ関係各位にはご心配とご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。

1.発生日時

2015年7月1日 14時35分頃

2.発生場所

当社北海道製油所
北海道苫小牧市真砂町25-1(所長 澤山 秀哉)

3.発災箇所

常圧蒸留装置の熱交換器付近

4.当該装置の運転状況

運転中

5.原因(7月3日 追記)

熱交換器の洗浄後、気密確認のために注入した窒素を放出する際、配管内に残っていた微量の洗浄用軽油が霧状に噴き出し、当該部位近傍の高温部にかかったことにより、一時的に炎が出ました。

6.負傷者

なし
このページの上部へ