ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

千葉事業所|品質への取り組み

当事業所は、操業以来一貫して「消費者本位」という経営理念のもとに、お客様と直接結びつき、お客様の要望に答える適正な製品を安定供給するという考え方に沿って品質管理活動を推進しています。

製油所は、1974年にJISマーク表示許可工場の認定を受け、2007年に新JISマーク表示制度の認証を取得しました。
更に、1994年に品質保証に関する国際規格であるISO9002の認証を取得、2000年の規格改正に伴い2002年にISO9001に移行しました。
石油化学工場は、1992年にISO9002の認証を取得、全製品へ対象範囲を拡大し1996年にISO9001に移行しました。

これら、JIS・ISOの認証を通して「良い製品を経済的に安定供給する」ことに努めています。 

品質方針

製油所

品質方針

石油化学工場

品質方針

環境に配慮した石油製品の取り組み

千葉事業所はじめ出光では、1993年からベンゼンを1%以下に削減した低ベンゼンガソリン「出光スーパーゼアス」、「出光ゼアス」を製造しています。

これは、2000年のガソリン中ベンゼン濃度規制の法規制化に先駆けて商品化したものです。また、2003年より硫黄分を50ppmに低減した低硫黄軽油も2005年の規制に先んじて製造してきました。(10ppm=0.001%)

一方、欧州(EU)では2009年からガソリンおよび軽油の硫黄分を10ppm以下(サルファーフリー燃料※)にすることが決定されています。日本は欧州よりも4年先行しようとしています。

日本でも、ガソリン中の硫黄分を更に低減し、自動車に装着されている触媒の耐久性を向上させることで自動車の窒素酸化物排出量の削減と軽油の硫黄分を50ppmから更に低減し、ガソリン自動車と同様な触媒の搭載により、窒素酸化物の排出量の削減と粒子状浮遊物質の削減に向けて、2007年に軽油、 2008年にガソリンの硫黄分の法規制が10ppm以下になりました。(石油連盟加盟の石油精製・元売各社では2005年1月からサルファーフリーガソリン・軽油の早期供給を開始しています。)

当事業所でも、ガソリンから硫黄分を取除くための脱硫装置を新たに建設し、2005年1月からガソリン、軽油のサルファーフリー化を完了しました。

サルファーフリーガソリンの製造

分解ガソリン脱硫装置
分解ガソリン脱硫装置
サルファーフリーガソリンを製造する分解ガソリン脱硫装置は、重質油分解装置で精製した分解ガソリン中に含まれる硫黄分を大幅に削減する装置です。2005年1月からは、ハイオクガソリン、レギュラーガソリンともサルファーフリーガソリンを出荷しています。

サルファーフリー軽油の製造

灯軽油深度脱硫装置
灯軽油深度脱硫装置
サルファーフリー軽油を製造する軽油深度脱硫装置は、軽油中に含まれる硫黄分を削減するための装置で、従来は硫黄分50ppmに削減した低硫黄軽油を製造していました。2005年1月からは、更に硫黄分を10ppm以下に削減したサルファーフリー軽油を出荷しています。

  • 硫黄分(サルファー)が10ppm以下の自動車燃料(ガソリン、軽油)を「サルファーフリー燃料」といいます
このページの上部へ