ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

千葉製油所・工場|地域との取り組み

大賀ハスが開花しました(2008年7月14日)

7月14日、本館事務所前の池の大賀ハスが開花しました。

大賀ハスは、1951年(昭和26年)千葉市の東京大学農学部検見川厚生農場の地中から、ハス博士といわれた大賀一郎博士と花園中学校の生徒たちによって発見された3粒の種が始まりです。縄文時代に咲いていたといわれる古代ハスの一粒の開花に成功したものです。
このハスは発見者の大賀博士にちなんで大賀ハスと命名されました。

千葉製油所・工場では、市原市より大賀ハス株の贈呈を受け、昨年2月に本館事務所前の池に植栽して大切に育ててきました。
このほど素晴らしいピンク色の花が見事に咲き、訪れる人達の目を楽しませてくれています。
  • 大賀ハスが開花しました1
  • 大賀ハスが開花しました2
このページの上部へ