ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

愛知製油所|環境への取り組み

出光では、すべての製油所が「公害のない美しい製油所」「地域の人々に愛される製油所」づくりを目指しています。この基本姿勢のもと、当製油所は緑豊かな「公園工場」として、操業時から45万本の樹木を植えたグリーンベルトを配置しています。グリーンベルトでは、たくさんの小動物や鳥の姿を見ることができ、騒音を防ぐ緩衝地帯としても効果を発揮しています。わたしたちは、こうした自然環境との調和を今後も大切に考えていきます。

環境パートナーシップ・CLUB

EPOC ENVIRONMENTAL PARTNERSHIP ORGANIZING CLUB
「環境パートナーシップ・CLUB」は、愛知県・岐阜県・三重県の行政や企業などが中心となり、循環型経済社会システムの構築を目指した環境問題に取り組む団体で、約300社が加盟しております。
当所は「環境パートナーシップ・CLUB」設立当初から参画し、産業エコロジー分科会で、環境問題に先進的活動をしている企業との相互交流などを通して、啓蒙を図る活動の企画・実行を担当しています。

産業廃棄物最終処分量の削減

当製油所では全社環境中期計画である「2008年度ゼロエミッション達成」を目標に掲げ活動を展開した結果、3年前倒しで2004年に達成しました。
ゼロエミッションの達成に向け、廃棄物の脱水による減量化、使用済触媒の再生使用、廃棄物の再資源化などを推進してきました。更なる廃棄物の削減を目指して『3R』発生の抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再資源化(Recycleの観点から活動を進めていきます。
また、当製油所ではPCB特別措置法に基づき、ポリ塩化ビフェニル(高濃度PCB)を含んでいる油や汚染されたトランス、コンデンサなどの機器を適正に保管した後、2010年3月末に処理を完了しています。
ゼロエミッションの定義:廃棄物発生量に対する最終(埋立)処分量が1%以下
PCB廃棄物の搬出状況
PCB廃棄物の搬出状況

省エネルギーの推進

愛知製油所は、第1次オイルショック後の1975年に竣工した日本で最も新しい製油所であり、建設当初より大変エネルギー効率の良い製油所です。加えて、所員一丸となった省エネ改善を繰り返してきており、その結果として、2009年度には省エネルギーセンター主催の「省エネ大賞」において経済産業大臣賞を受賞しました。
また、2011年からは、近隣企業であるJX日鉱日石エネルギー知多製造所様と、水素や燃料の融通によるエネルギーの有効活用を始めました。

環境対策

大気汚染防止対策

SOxを削減する排煙脱硫装置
SOxを削減する排煙脱硫装置
大気汚染物質として当製油所からは、ボイラーや、加熱炉等から硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、ばいじんが発生します。発生するSoxは、排煙脱硫装置によって除去することにより削減しています。また重油脱硫装置や硫酸再生装置等から発生する硫化水素は、硫黄回収装置で処理し、硫黄として回収しています。
次に発生するNOxの削減は、低NOxバーナーの使用、二段燃焼の採用、排煙脱硝装置の設置等により実施しています。またばいじんについては、電気集塵機によって排ガス中から除去し削減しています。
これらの削減対策により、大気汚染防止法や愛知県および知多市と締結した公害防止協定よりも厳しく設定した社内基準を遵守しています。年間排出量については、環境データをご覧ください。

水質汚染防止対策

活性汚泥処理装置
活性汚泥処理装置
当製油所の装置から排出される水は、凝集沈殿法、活性汚泥処理法、活性炭処理法等を用い処理しております。また、処理後の排水は水素イオン濃度(pH)、窒素含有量、リン含有量、および化学的酸素要求値(COD)等について、水質汚濁防止法や愛知県および知多市と締結した公害防止協定よりも厳しく設定した社内基準を遵守しています。年間排出量については、下記の環境データよりご確認できます。
さらに2011年度には、排水中のCODやリンの除去のために設備を増強し、更なる汚濁低減を行っています。

土壌汚染防止対策

2003年2月に(別ウィンドウで開きます)土壌汚染対策法が施行され、有害物質使用特定施設の廃止時や健康被害のおそれがあると知事が認めた場合には、土壌汚染状況の調査を行なうことが義務付けられました。
当製油所においては調査義務は発生しておりませんでしたが、全社環境中期計画に基づき2003年〜2008年にわたり敷地内の自主調査を行い土壌汚染に係わる問題がないことを確認しています。また、2003年から地下水についても敷地境界にて毎年一回測定を行っており、継続して地下水についても問題ないことを確認しています。

化学物質の排出抑制への取り組み

当製油所から排出される化学物質のうち、(別ウィンドウで開きます)PRTR法(特定化学物質の環境への排出量の把握等および管理の改善の促進に関する法律)の対象物質は、原油や石油製品に含まれるベンゼン、トルエン、キシレンのほか、配管保温材として使用されていた石綿等があります。
原油や石油製品由来の対象物質(ベンゼン、トルエン、キシレン)においては、タンクから大気へのベーパーの排出が少ない浮き屋根式タンクを採用、また出荷設備への揮発性炭化水素回収設備設置などで、その排出の抑制を図っております。また、この取り組みについて2009年10月、愛知県主催の化学物質適正管理セミナーおいて発表を行いました。PRTR報告内容については下記の環境データより確認できます。

ローリーステーションのガス回収

ローリーステーションのガス回収設
ローリーステーションの
ガス回収設
当製油所では操業当時から、ローリーステーションに揮発性有機化合物(VOC)回収装置を設置し、タンクローリー積み込み時に発生する炭化水素ガスを回収しています。回収方法は装置内にて回収油である灯油と接触させることで炭化水素ガスを吸収し、大気への排出を低減させます。

環境データ

愛知製油所の環境パフォーマンスを掲載しています。

法人の森林(もり)

当製油所は、2010年財団法人都市緑化基金が運営する「社会・環境貢献緑地システム」において、「社会・環境貢献緑地」に認定されました。
これは出光創業100周年事業「出光100年の森」づくりの一環として、同基金が運営する「社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES)」を受審したもので、「Excellent Stage3」の認定を受けました。
知多市の臨海企業では、市民憲章の緑園都市構想に基づき、「グリーンベルトは大切な地域環境資源」との共通認識のもと、各企業が生物多様性の質的向上に貢献することを目的に、協働、連携してグリーンベルトの維持に努めています。この認定は、当製油所がその活動の中心に位置付けられていることが評価されてのものです。
愛知製油所が認定を受けたことにより、当社の生産拠点である4製油所・2工場の全てがSEGESの認定を受けることができました。
  • 緑溢れる製油所構内
    緑溢れる製油所構内
  • 遊歩道で散歩も
    遊歩道で散歩も

カーボンオフセット活動

当製油所では、飲料用アルミ缶を回収、収益金で苗木を購入して植樹するカーボンオフセット活動に取り組んでいます。

厚生施設に避難所機能を持たせ地元開放

当製油所では、厚生施設である日長台倶楽部に、発電機、投光機、災害用毛布、簡易トイレ、カセットコンロ等の基材を揃え、有事の際には地元の皆様を対象とする避難所としての準備を整えています。同倶楽部には畳の部屋もあり、緊急時には高齢者の皆様などの有効な避難場所になると考えています。

通勤道路清掃

愛知製油所が会員になっている知多三四会が主催する名港サービス道路の一斉清掃を年2回行っています。所員から有志を募り、中央分離帯や側溝脇に投げ捨てられたゴミを回収しています。
  • 中央分離帯の植垣の中も丹念にゴミ拾い
    中央分離帯の植垣の中も丹念にゴミ拾い
  • さあ、これからゴミ拾いだ!
    さあ、これからゴミ拾いだ!
このページの上部へ