ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見

アラーム・操作解析による運転改善活動の紹介

目的

近年のプラント運転はDCS化により、きめ細かい運転が可能となりました。しかしその反面、オペレータはDCSが発報する様々なアラームの対応や操作に追われているという状況が発生しています。
このような状況では、以下のようなことが懸念されます。
  1. 重要なアラームが他の軽微なアラームに埋もれてしまう。
  2. アラーム対応・操作に追われて、他の検討業務をするヒマがない。
  3. アラーム・操作頻発=プロセスや制御システムに問題がある可能性あり。
そこでこれらの問題に対し、DCSのアラーム・操作を分析し、その発生原因追及と改善実施により、
  1. アラーム発報の最適化
  2. アラーム対応・手動操作減による省力化、他検討業務実施時間の確保
  3. 装置の安定化・高度化
を図ります。

活動ステップ

活動サイクル

現状把握

  • アラーム収集・解析ツールにてDCSの発報アラームおよびオペレータによる操作データを一定期間収集します。
  • 収集したデータを整理し、改善検討の対象箇所を選定します。
    (アラーム・操作件数ワースト10や、運転の重要度等から選定)
データ収集・整理の例

原因調査・対策検討

  • 改善検討箇所について、アラーム・操作が頻発する根本的な原因を調査し、その原因に対する改善策を検討します。
原因調査・対策検討

対策の実施・評価

  • 検討した改善策の適用を実施します。
  • 適用後、再度アラーム・操作データを収集し、対策後の改善具合を評価します。

活動の定着化

以上の活動サイクルを定期的に実施し、より高いレベルの運転を実現していきます。

改善事例(制御ロジックによる改善)

レベル制御へのフィードフォワード制御適用
レベル制御へのフィードフォワード制御適用
  • ご意見・ご質問コーナー
このページの上部へ