ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見

プラント設備に対する疲労解析評価技術

プラント設備の容器や配管へ負荷される圧力や温度が、時間的に変動して繰り返されると、割れ、亀裂等の疲労損傷につながることがあります。

運転操作により意図された変動がある場合、必要に応じて、疲労に対する設計に基き容器や配管は製作されますが、実際の運転状況により、意図された変動に収まっているか、疲労に対する設計以上の応力になっていないか、疲労損傷の可能性はないか、応力解析等により再評価が必要な場合があります。
プラント設備に対する疲労解析評価技術
運転操作により意図された変動だけではなく、プラント設備の動的な応答によっても、圧力や温度が変動することがあります。この変動により、容器や配管において、疲労損傷の発生する可能性があります。
プラント設備に対する疲労解析評価技術

疲労損傷可能性評価

運転操作により意図された変動や、プラント設備の動的な応答による変動等によって、疲労損傷の可能性がないか、応力解析等により評価することができます。

損傷原因究明・防止対策立案

損傷形態、圧力や温度の変動状況、さらには、それらを踏まえた応力解析等により、損傷原因を究明し、損傷を防止するために必要な設備面または運転操作面の対策を立案することができます。
実装置に対する豊富な解析経験より、適切な入力条件の選定から精度の高い解析・評価を行うことができますので、ご相談ください。
  • ご意見・ご質問コーナー
このページの上部へ