ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見

燃焼解析

ボイラ・加熱炉の燃焼状態や効率を改善するために、炉内の燃焼状態・ガスの流れ・伝熱等をシミュレーションし、問題点の原因の把握と対策を提供しています
  • 運転条件・燃料種変更、装置構造に起因する影響評価
  • 燃焼効率の改善(未燃率低減)、排ガスNOx濃度低減
  • 燃焼炉内の灰付着現象(スラッギング)のトラブル対策

特長

  • 出光にて独自に開発した「微粉炭燃焼モデル」および「輻射伝熱モデル※」によって、燃焼特性を高精度に解析することが可能です。
  • 各種の燃焼炉・ボイラ、燃料の専焼・混焼条件で解析可能であり、多数の解析実績があります。
  • 燃料・運転条件変更、装置改造による影響評価が可能です。
  • 運転条件変更(バーナ旋回条件、ダンパ開度、燃料分配等)による燃料未燃率・NOx濃度の低減、灰付着現象(スラッギング)を回避する運転条件の探索が可能です。
(社)化学工学会 平成19年度 技術奨励賞を受賞

適用先

形式 ボイラ、加熱炉、焼却炉
規模 実験炉〜産業用ボイラ〜事業用(電力)ボイラ
燃料種 気体・液体・固体の各種燃料
(各種ガス、液化ガス(LPG,DME)、重油〜軽質油、石炭、石油コークスなど)

解析例

微粉炭ボイラにおける燃焼シミュレーション解析例
微粉炭ボイラにおける燃焼シミュレーション解析例
微粉炭粒子の炉壁への衝突頻度分布
微粉炭粒子の炉壁への衝突頻度分布
シミュレーション解析結果から燃焼状態を診断し、改善が見込まれる運転条件を見出します。実運転データによる検証を行いながら、最適条件を探索します。
  • ご意見・ご質問コーナー
本技術以外にも多数の技術を有しており、お客様の多様な要望にお応えします。
このページの上部へ