ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す
  • 主要受注実績 > 
  • 2005年度の石油学会―技術進歩賞を受賞(2006年5月18日)

2005年度の石油学会―技術進歩賞を受賞(2006年5月18日)

「石油タンク浮屋根のスロッシングシミュレーションによる構造解析技術の開発」

受賞者

三浦 正博 主任部員(出光エンジニアリング(株) 技術部)
菊池 務  主任部員(出光興産(株) 工務部)

受賞理由

  • (1)浮屋根のスロッシングによる損傷原因として、二次モードによる変形・破壊に対して解明したのは、本開発が初めてであり、新規性・進歩性が認められた。また、一次モードに対しても、定量的かつ一般化した評価方法を提案しており、先行技術よりも優れている。
  • (2)本開発は、2005年4月から施行された「危険物の規制に関する規則の一部を改正する省令等の施行について」に引用され、シングルデッキ型浮屋根の耐震性向上対策へ大いに適用された。
  • (3)さらには、浮屋根のスロッシングシミュレーションは膨大な計算であり、シミュレーションの結果をまとめ、簡易計算式を導かせたことは、多大な労力と計算費用を大幅に削減することが期待でき、経済効果も大きいと石油学会で認められ技術進歩賞を受賞しました。
  • 受賞の様子
  • 技術進歩賞
(三浦 主部) (菊池 主部)
(三浦 主部) (菊池 主部)
  • ご意見・ご質問コーナー

ピックアップ

[an error occurred while processing this directive]
このページの上部へ