ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見

e-Dr. PLANT設備保全管理システム

はじめに

出光エンジニアリングは、新たな設備管理ソリューション“e-Dr. PLANT”をIBM-Maximoをプラットフォームとして展開して参ります。
世界のEAM市場でNo.1のユーザー数・実績を誇る企業資産管理システムであるIBM-Maximoに出光エンジニアリングのRCMをベースにして、より一層熟成させた先進型設備管理技術であるDr. PLANTを、“アドオン”という形で組み込み込んだことで、更に進化した設備管理ソリューション“e-Dr. PLANT”が誕生しました。
e-Dr. PLANTが目指すもの、言い換えますと次世代の設備管理に要求されることは、設備管理に携る全ての人が、的確に問題を早期発見し、精度の高い対策を行う為、システムでの支援が不可欠です。更にこのシステムは、最新のIT技術活用により、その作業効率の向上を加速させることが必要となります。

e-Dr. PLANTの特長

Dr. PLANT(予測型設備管理技術)運用をサポートした、設備保全管理システムです。
  • EAMパッケージソフトであるIBM-Maximoにアドオンでデータベースを共有化しています。
  • Dr. PLANTの寿命予測、寿命予測根拠理由書の登録・運用が可能です。
  • フローシート等のイメージ画面から必要な個別情報を検索することが可能です。
    (損傷要因フローシート上のみでも機器の保全経歴のポップアップ表示も可能です。)
  • 設備管理機器を従来の機器本体から部位・部品での管理、あるいは機器に付属する付帯機器でのグループ管理が可能です。
  • ユーティリティーソフトウェアとしてお客様の既存のデータを有効に容易に活用する為のデータコンバートプログラム、あるいはフローシート等のイメージ座標登録プログラム等もサポートしております。

e-Dr. PLANT アドオン機能特長

Dr.PLANT(予測型設備管理技術)構築をサポートした設備保全管理システム
このページの上部へ