ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見

施工事例

微生物注入法のケース

営業中のガソリンスタンドの土壌汚染調査によりベンゼン、油分による土壌・地下水の汚染が発覚。
汚染土量は705m3

浄化工法

工法として微生物浄化(営業中原位置浄化)を採用。
国内の土壌から採取した油分の分解能力に優れた微生物を注入。

浄化結果

土壌ベンゼン 0.23mg/ℓ → 0.001mg/ℓ未満
地下水ベンゼン 0.52mg/ℓ → 0.001mg/ℓ未満
地下水油分 14mg/ℓ → 5mg/ℓ未満

工期は8ヶ月。

  • 注入管挿入状況
    注入管挿入状況
  • 地下水ベンゼン濃度の変化
    地下水ベンゼン濃度の変化

土壌洗浄のケース

ガソリンスタンド跡地の土壌汚染調査により油分による土壌・地下水の汚染が発覚。
【汚染の状況】
上層部
: 高濃度の油分を含む粘土(最大濃度:72,000 mg/kg)
下層部
:油分で汚染した地下水(最大濃度:460 mg/ℓ)、砂(最大濃度:8,700 mg/kg)

浄化工法

1. ウェルポイントによる揚水(4ヶ月) 敷地外からの汚染の流入を確認するため揚水を実施
→流入汚染無し
2. 掘削除去(1ヶ月) 上層部は掘削除去のため、汚染範囲絞り込み調査により掘削土量を極力減少
3. 洗浄法(4ヶ月)
  • 土壌が砂層であり、油分が軽油であったため洗浄法を採用
  • 地下水位以下の土壌をバックホーにて
    攪拌 ⇒ 静置 ⇒ 揚水 ⇒ 油水分離
  • 上記操作を繰り返すことで土壌・地下水の油分の浄化を完了

浄化結果

土壌油分 72,000mg/kg → 1,000mg/kg以下
地下水油分 460mg/ℓ → 5mg/ℓ未満
土壌洗浄実施状況
土壌洗浄実施状況
浄化費用は、全量を掘削除去とした場合の半額以下。
工期は9ヶ月。
このページの上部へ