ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見

土壌・地下水の浄化について

土壌汚染とは

土壌汚染は、特定有害物質である揮発性有機化合物や重金属、農薬類、あるいは鉱油類など汚染物質の不適切な取り扱いによる漏洩や、それらの物質を含んだ廃水が地下に浸み込むことが主な原因となって引き起こされます。

土壌汚染対策法

「土壌汚染対策法」は土壌汚染の状況把握および、汚染による健康被害の防止に関する措置を定めること等により、国民の健康を保護することを目的として2003年(H15)に施行されました(2010年(H22)4月に改正土壌汚染対策法が施行)。また、土壌汚染対策に関する条例を定めている自治体もあり、事業活動を行う上で、土壌汚染対策は必要不可欠となっています。
このページの上部へ