ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

外部からの表彰

安全衛生関連

2017年

  • 徳山事業所動力課1名は、安全管理に関し、部下の指導、教育または安全管理に関する知識、技能の普及や継承に積極的に活動したことが評価され,(一社)山口県労働基準協会徳山支部表彰 安全優秀賞を受賞しました。(2017年6月13日)
  • (株)エス・ディー・エス バイオテックみのり農事試験場は、加温ハウスの危険物屋外タンク貯蔵所の長年の安全管理が評価され、茨城県危険物安全協会連合会長から安全功労表彰(団体の部)を受賞しました。(2017年6月9日)
  • 千葉製油所安全環境室1名が全国危険物安全週間に市原市消防局が展開した危険物安全標語 消防局長賞を機能材料課1名が同優良賞を、機能材料課1名が危険物災害防止ポスター 消防局長賞を受賞しました。(2017年6月8日)
  • 徳山事業所動力課1名は、長年にわたり電気保安に尽力・貢献したことが評価され、(一社)日本電設工業協会中国支部山口県電力協議会より、電気保安功労者賞を受賞しました。(2017年6月2日)
  • 北海道製油所製油二課1名は、長年にわたりボイラーの運転・設備管理に努め、後輩の育成指導に尽力した功績が評価され、(一社)日本ボイラー協会北海道支部平成29年度通常総会の席上「北海道優良ボイラー技士」として表彰されました。(2017年5月26日)
  • 愛知製油所は、10年にわたってブロピレン冷凍設備の保安に取り組み、災害防止に寄与した実績が評価され、愛知県冷凍設備保安協会より優良事業所として「協会長表彰」を受賞しました。(2017年5月24日)
  • 北海道製油所業務課1名は、危険物施設の運転保安管理に努め、職場の安全管理推進や後輩の育成・指導に尽力した功績が認められ、「平成29年度苫小牧危険物安全協定定期総会」の席上で「優良危険物取扱者」として表彰されました。(2017年4月30日)

2016年

  • 千葉製油所製油一課1名は、日本ボイラ協会主催の「平成28年度全日本ボイラー大会」で優良ボイラー技士として表彰されました。(2016年11月18日)
  • 北海道製油所製油一課1名は、(一社)日本ボイラー協会北海道支部苫小牧地区支部主催「平成28年度苫小牧地区ボイラー安全の集い」席上で「優良ボイラー技士(地区支部長)表彰」を受賞しました。(2016年11月2日)
  • (株)エス・ディー・エスバイオテック横浜工場は、長年にわたる保安管理・保安教育の努力による42年間の無事故・無災害記録が高く評価され、「第53回高圧ガス保安全国大会」で経済産業大臣表彰を受賞しました。(2016年10月28日)
  • 東海第一販売支店名古屋オフィスは、15年間連続して年2回の春秋献血活動推進月間に協力している貢献が認められ日本赤十字愛知県名古屋支部長から感謝状をいただきました。(2016年7月29日)
  • 千葉製油所品質管理課1名と石油化学工場コンパウンド課1名は、30年以上勤務して安全衛生に関する職務を長年にわたり務めたことが評価され、第22回労務安全衛生大会(千葉労働基準協会主催)の席上で表彰されました。(2016年7月26日)
  • 北海道製油所製油一課1名は、「平成28年度 日本ボイラー協会北海道支部通常総会」の席上で優良ボイラー技士としての長年の貢献が評価され、表彰されました。(2016年5月24日)
  • 徳山事業所化学品二課1名および(株)出光プランテック徳山工事課1名は平成27年度危険物保安功労者として表彰されました。(2016年5月20日)
  • 北海道製油所製油一課1名は、「平成28年度 苫小牧危険物安全協会定期総会」の席上で優良危険物取扱者として表彰されました。(2016年4月21日)

2015年

  • 愛知製油所1名はボイラーの安全運転に貢献したことが評価され、(一社)日本ボイラー協会愛知支部より「優良ボイラー技士」として表彰されました。(2015年11月17日)
  • 千葉製油所製油二課1名と動力課1名は、長年にわたりボイラー技士の職務を模範的に果たしてきた技士で直長など責任ある立場においてリーダーシップを発揮してきたことが評価され、(一社)日本ボイラ協会千葉支部より「優良ボイラー技士」の表彰を受けました。(2015年11月11日)
  • 北海道製油所製油一課1名と製油二課1名は、長年にわたりボイラー技士の職務を果たし、安全・安定運転に努めた功績が評価され、(一社)日本ボイラ協会苫小牧地区支部より「優良ボイラー技士(地区支部)」の表彰を受けました。(2015年11月5日)
  • 愛知製油所2名は、「優良自動車運転者」として、知多警察署長、知多交通安全協会長、安全運転管理協議会知多支部長から表彰されました。(2015年9月24日)
  • 愛知製油所1名は、交通安全活動が評価され、愛知県警本部長・愛知県交通安全協会長連盟の「優良自動車運転表彰」を受賞しました。(2015年9月10日)
  • 千葉製油所1名と石油化学工場1名は、それぞれの職場で安全衛生管理にリーダーシップを発揮し、無災害継続に大きく貢献したことが評価され、千葉労働基準協会主催の「優良労働者表彰」を受賞しました。(2015年7月28日)
  • 千葉石油化学工場1名は、長年にわたり危険物取扱者として安全安定操業に寄与したことが認められ、千葉県危険物安全協会連合会会長より「優良危険物取扱者」として表彰されました。(2015年6月12日)
  • 北海道製油所製油一課1名の「TPMのこころ(作文)」は、(公財)日本プラントメンテナンス協会が主催する「全国設備管理強調月間 ポスター・標語(スローガン)・記念作文の入選作審査「記念作文部門」で佳作に入選しました。(2015年6月1日)
  • 北海道製油所製油二課1名は、ボイラー技士としてボイラーの運転管理と設備管理に努め、後輩の育成指導に尽力した功績が認められ、日本ボイラ協会北海道支部より「北海道優良ボイラー技士」の表彰を受けました。(2015年5月27日)
  • 愛知製油所2名は、長年にわたり日々の保安確保に向けた活動と自身が経験した運転・設備管理の知識・技術を若手に伝承し、災害防止に大きく貢献したことが認められ、愛知県高圧ガス安全協会より「協会長表彰(優良保安従事者)」を受賞しました。(2015年5月20日)
  • 北海道製油所業務課1名は、関係法令を遵守し、危険物施設の運転保安管理に努め、運転技術などの研鑽に尽力した功績が認められ、苫小牧危険物安全協会より「優良危険物取扱者」の表彰を受けました。(2015年5月15日)
  • 苫東石油備蓄(株)1名は、危険物の取り扱いに長年従事し、他の模範と認められ、苫小牧危険物安全協会より「優良危険物取扱者」として表彰されました。(2015年5月15日)
  • 苫東石油備蓄(株)1名は、危険物の取り扱いに長年従事し、他の模範と認められ、胆振東部危険物安全協会より「優良危険物取扱者」として表彰されました。(2015年4月17日)

2014年

  • 苫東石油備蓄(株)苫小牧事業所は、長年にわたる交通事故防止活動が認められ、北海道安全運転管理者協会から会長表彰を受賞しました。(2015年2月27日)
  • 北海道石油共同備蓄(株)北海道事業所は、2002年12月1日以降業務上の交通事故が起きていないことが評価され、「平成26年度 北海道安全運転管理者協会より「優良事業所」として表彰を受けました。(2015年2月27日)
  • 愛知製油所は毎月「ゼロの日」行っている立哨による交通安全啓蒙や地域の防犯活動よにる貢献が知多警察署に評価され、感謝状をいただきました。(2015年1月7日)
  • 愛知製油所機械課1名と製油一課1名は、装置の運転・保全およびシステム管理業務に従事し、幅広い経験と知識で装置の安全と安全運転および業務の効率化に積極的に取り組み迅速かつ的確な業務を遂行してきたことが認められ半田労働基準協会会長より「優良従業員表彰」を授与されました。(2014年12月3日)
  • 千葉製油所製油一課1名と潤滑油一課1名は、ボイラー技士の職務を果たすとともに、直長として自己の職場をけん引した功労が評価され「優良ボイラー技士(支部長)表彰」を受賞しました。(2014年11月12日)
  • 千葉製油所潤滑油一課1名は、長年にわたり高圧ガス・冷凍設備の災害防止に努めた功績が認められ、千葉県高圧ガス保安大会で「冷凍設備優良保安従業員表彰」を受けました。(2014年10月22日)
  • 千葉石油化学工場業務課1名は、長年にわたり高圧ガス・冷凍設備の災害防止に努めた功績が認められ、千葉県高圧ガス保安大会で「優良製造保安責任者表彰」を受けました。(2014年10月22日)
  • 千葉製油所2名は、千葉労働基準協会より30年以上より継続勤務し業務に精励、企業の発展に寄与したことが評価され「優良労働者表彰」を受けました。(2014年7月9日)
  • 前・千葉製油所安全環境室長(現・愛知製油所副所長)は、千葉労働基準協会より当協会への功績が極めて顕著だったことが評価され「功労者表彰」を受けました。(2014年7月9日)
  • 千葉製油所C&N21推進室1名および石油化学工場品質管理課1名は、30年以上継続して勤務し、安全衛生に関する職務を長年にわたり務め、職場で安全衛生管理のリーダーシップを発揮したことが評価され(一社)千葉労働基準協会主催の「優良労働者表彰」を受けました。(2014年7月9日)
  • 千葉製油所潤滑油二課1名は、市原市消防局主催、同市防災安全協会共催の危険物安全標語において「市原市消防局長賞」を受賞しました。受賞標語:危険物 慣れた操作も油断せず 基本操作で無災害。(2014年6月12日)
  • 徳山事業所化学品一課1名と出光プランテック徳山1名は、現場の最前線で装置の運転管理や設備管理を確実に実行し、後進の育成も意欲的に行うなど、これまでの安全運転に対する貢献が認められ周南市危険物保安協会より危険物保安功労者表彰を受賞しました。(2014年5月23日)
  • 北海道製油所業務課1名は、危険物の安全な取り扱いに関して特に貢献し、その功績が著しい者に該当し、苫小牧危険物安全協会より推薦を受けて、(一社)北海道安全協会連合会会長表彰(個人表彰)を受賞しました。(2014年5月22日)
  • 愛知製油所製油一課1名と製油二課1名は長きにわたり保安確保に向けた日々の活動を堅実に積み重ね、また自身が経験した運転・設備管理の知識・技術を若手に伝承する等の活動に尽力したことが災害防止に大きく貢献したとして、愛知県高圧ガス安全協会協会長表彰(優良保安従事者)を受賞しました。(2014年5月20日)

社会関連

2017年

  • 北海道製油所、(株)出光プランテック北海道および3協力会(建設保全、陸上・海上輸送)は、長年、一体となって取り組んた募金活動が評価され(社福)北海道社会福祉協議会より感謝状をいただきました。(2017年9月7日)

2014年

  • (株)出光プランテック愛知の1名は、愛知県体育協会より知多市体育協会サッカー部で11年間理事を務めた功績が評価され、スポーツ功労賞を受賞しました。(2015年3月19日)
  • 徳山事業所安全環境室1名は、約20年にわたって山口県陸上競技会の役員を務め、また山口国体では陸上競技審判長として大会運営を成功に導いたこと等が評価され、山口県の体育・スポーツの振興に功績があった個人に贈られる「山口県体育協会功労賞」を受賞しました。(2014年6月10日)

2013年

  • 千葉石油化学工場ポリエチレン課4名は、市原市姉ヶ崎で目撃した車両放火事件で勇敢かつ迅速な行動で犯人検挙に向けた捜査活動に貢献したこと認められ市原警察署から感謝状をいただきました。(2013年10月3日)
  • 徳山製油所総務課1名は、少林寺拳法の指導者として15年以上にわたり技術の継承を通じて普及に貢献した実績が評価され、山口県体育協会から表彰を受けました。(2013年6月7日)
  • 徳山製油所電気計装課1名は、20年以上国体や山口県、周南市の大会運営に携わり、県内の陸上競技の発展に寄与した実績が認められ山口県陸上競技会から表彰を受けました。(2013年5月3日)

2011年

  • 平成23年度(社)山口県障害者スポーツ協会の会長表彰が行われ、徳山製油所安全環境室1名が県が主催する障害者陸上競技大会や記録会などに運営面で貢献したり、審判技術の向上に尽力したこと、また昨年開催された「全国障害者スポーツ大会 おいでませ山口大会」では山口陸上競技協会と障害者陸上競技連絡協議会との連携に尽力したとこが評価され「功労賞」を受賞しました。(2012年3月27日)
  • 平成23年度(財)周南市体育協会表彰が行われ、その席上、徳山製油所安全環境室1名が長年にわたり市のスポーツ振興に貢献したことが高く評価され、また製油一課1名は市バスケット協会理事、スポーツ少年団ミニバスケットボール部会長などを歴任、ミニバスケットボールの発展に寄与してきた功績が認められ「体育功労者」として表彰されました。(2012年2月25日)
  • 当社天坊会長は、(財)経済広告センター主催の企業広報賞で「企業広報経営者賞」を受賞しました。(2011年10月4日)
  • 出光オーストラリアリソーシスグループのマッセルブルック・コール・カンパニーは政府系NPOのThe Skills DMCから従業員の能力開発に対してリーダーシップを発揮、貢献したことが評価され表彰を受けました。(2011年8月10日)
  • 出光千葉製油所・工場は、社会福祉向上への地道な貢献が認められ、中央共同募金会より「感謝状」をいただきました。(2011年4月22日)

環境関連

2017年

2016年

  • 千葉製油所・石油化学工場および近隣の当社グループ会社が2003年より定期的に実施している国道16号線の清掃活動に対して、市原市から感謝状をいただきました。(2016年10月9日)

2015年

  • 北海道製油所の製油一課1名は「平成27年度省エネルギー・新エネルギー関係北海道地区表彰式」の席上、長年、エネルギー関連設備の運転業務に従事し、若手スタッフの指導育成に努めるとともに豊富な技術力を駆使して、動力設備の運用改善や改修などを積極的に推進、省エネ意識の高揚とエネルギー使用の合理化に多大な貢献をしてきた功績が認められ「エネルギー管理功労者北海道支部長表彰」を受けました。(2015年12月1日)

2014年

  • 千葉製油所潤滑油一課は「製油所におけるボイラ給水脱気器の蒸気使用量削減による省エネ」で2014年度省エネ大賞「省エネセンター会長賞」を受賞しました。(2015年1月28日)

研究開発関連

2016年

2015年

  • 先進技術研究所解析技術センター分析技術室1名は、長年にわたって分析の実務に従事し、製油所の石油試験技術の向上やJIS規格試験の改定に係るなど、これまでの活動が評価され「日本分析化学会 有功賞」を受賞しました。(2015年9月10日)
  • 潤滑油部3名は、潤滑油技術(トライボロジー)分野で優れた実用技術により社会に貢献した業績が評価され、共同開発を行った富士重工業(株)と共に(一社)日本トライボロジー学会2014年度学会表彰で「技術賞」を受賞しました。(2015年5月28日)

2014年

  • 出光ライオンコンポジット複合材料研究所1名は「ポリプロピレン/膨張黒鉛/ガラス長繊維組成物の難燃性に関する研究」でマテリアルライフ学会の「研究奨励賞」を受賞しました。(2014年7月3〜4日)

2013年

  • 潤滑油部(営業研究所2名、潤滑技術二課1名)は、風力発電装置(風車)用の増速機油やグリースの開発技術が高く評価され、日本トライボロジー学会2012年度「学会賞表彰」で優れた実用技術により社会に貢献した業績に送られる「技術賞」を受賞しました。(2013年5月21日)

その他

2018年

2017年

  • 北海道製油所管理課「チームもっともっと」が取り組んだ「SDM工程短縮への挑戦〜モバイルDCS活用による改善〜」が、モバイルDCSを現場に導入し管理スタッフと現場が一致協力して改善した点が評価され、QCサークル北海道支部主催「QCサークル大会・室蘭」で「最優秀賞」を受賞しました。(2017年7月14日)
  • 千葉製油所潤滑油二課1名とプライムポリマー(株)ポリオレフィン物流課1名は、職場で安全衛生管理にリーダーシップを発揮し無災害継続に大きく貢献したことが評価され、(一社)千葉労働基準協会主催「優良労働者表彰」を受賞しました。(2017年7月14日)
  • 千葉製油所製油二課1名は、「エアフィンクーラー冷却能力変更による省エネ改善」で平成29年度化学技術分野の文部科学大臣表彰「創意工夫功労者賞」を受賞しました。(2017年4月21日)

2016年

2015年

  • 苫東石油備蓄(株)は、新宿税務署より経営内容や適正な申告・経理処理、将来にわたって適正申告が期待できる優良企業として「優良申告法人」の表彰を受けました。(2015年12月3日)
  • 愛知製油所2名は、長年にわたる優秀な勤務成績を認められ(一社)半田労働基準協会会長より「優良従業員表彰」を受けました。(2015年11月30日)
  • 北海道製油所は、QCサークル北海道支部幹部として長年にわたり地域の活性化に貢献したこと、QCサークル活動を人材育成と職場活性化に繋がる重要な活動と位置づけて推進していることが評価され、(一財)日本科学技術連盟およびQCサークル本部から「QCサークル活動優良企業・事業所」として表彰されました。(2015年10月9日)
  • 北海道製油所は、「とまこまい港まつり市民おどり」に30回、継続して参加したことが認められ、「永年参加賞」を受賞しました。(2015年8月8日)
  • 苫東石油備蓄(株)1名は、「油抜き配管付スペーサーによる汚れ防止対策の考案」で文部科学大臣表彰「創意工夫功労者賞」を受賞しました。(2015年5月8日)
  • (株)出光プランテック北海道試験課1名は、ガラス製デシケータの安全な保管方法を考案」で文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞を受賞しました。(2015年4月22日)
  • 千葉製油所技術課1名は、「パラキシレン装置還流比制御構築による省エネ改善」で文部科学大臣表彰「創意工夫功労者賞」を受賞しました。(2015年4月16日)
  • (株)出光プランテック徳山事業一部工事課1名は、「一人で安全楽々フォークリフト治具台座」の考案で、文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞を受賞しました。(2015年4月15日)
  • 千葉製油所製油一課1名は、「パラキシレン装置還流比制御構築による省エネ改善」により文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞を受賞しました。(2015年4月13日)
このページの上部へ