ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

出光興産、平成30年度 知財功労賞「特許庁長官表彰」を受賞

2018年4月11日
出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤 俊一以下、当社)は、平成30年度「知財功労賞」において「特許庁長官表彰」を受賞しましたのでお知らせします。
知財功労賞とは経済産業省特許庁において知的財産権制度の発展等に貢献した個人及び企業等を表彰する制度です。本日、平成30年度の受賞者が発表され、当社は知的財産権制度活用優良企業等表彰として「特許庁長官表彰」を受賞しました。
受賞のポイントは以下の通りです。
  • 燃料油から高機能材までの幅広い事業分野において、各事業の特性や戦略に合わせて柔軟に体制を組み替えて効率的に課題解決を図る「ユニット体制」を導入。ユニット毎に特許情報の調査・解析、特許出願の権利化等の知的財産活動を行うほか、事業部・研究所・知財部による「知財戦略会議」で知的財産活動計画を策定し、実行している。
  • 燃料油分野では、クロスライセンス契約を締結し、双方が相手方の特許を利用可能とすることによるコスト削減等の競争力強化を図っている。潤滑油分野では、冷凍機油等についてグローバルな特許網を構築し、事業に貢献している。
  • 有機EL事業では、特許を相互に利用する提携関係を国内外の企業と積極的に構築し、有機EL材料に関連する特定領域の特許を相互に利用可能とする提携契約を締結するなど、開発可能な領域を拡大しながらビジネスの創出・拡大を図っている。

当社は長年、グローバル市場に影響を与える革新的な技術を継続的に創出し、知的財産活動を行ってきました。今後も、革新的な研究開発と知的財産活動で独自性のある技術を創造し優れた製品・技術を世に送り出すことで、国際市場に貢献してまいります。


※知的財産権制度を有効に活用し円滑な運営・発展に貢献のあった企業等への表彰。
このページの上部へ