ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

「健康経営優良法人 ホワイト500」に2年連続で認定されました

2018年2月21日
当社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:月岡 隆)は、2月20日(火)経済産業省から特に優良な健康経営を実践している企業を顕彰する、「健康経営優良法人ホワイト500」に2017年に引き続き、認定されましたのでお知らせいたします。
当社は、『人間尊重』という経営理念を通じて、従業員一人ひとりが「自由に働き、仕事を楽しむこと」を目標としています。このため、心身ともに健康で活き活きと働くための取り組みを「経営上の課題」と位置付け、従業員の自律的な健康管理をサポートし、活力ある環境づくりを目的に『健康管理の徹底』、『メンタルヘルス対策』、『健康増進企画』の3つを健康重点方針とし、人事部健康推進グループにて活動しています。


このたび健康経営優良法人に認定された理由としては、健康経営に対する体制構築、各種施策の結果把握・効果検証の取り組みなどが評価されたものと推察します。各種健康推進イベントでは、従業員の参加を促す企画を実施し、結果の把握・効果の検証を行っております。

また本年はこれまでの取り組みに加え、従業員自身と産業保健職で、健康管理状況を共有する「健康管理区分」を導入し、積極的な健康管理のサポートを開始しました。

【健康増進イベントの様子】

  • オフィスで出来るストレッチ体操は複数回開催
    オフィスで出来るストレッチ体操は複数回開催
  • 本社地区の約10%(約90名)が参加した食育イベント
    本社地区の約10%(約90名)が参加した
    食育イベント
当社は、今後も社員の自律的な健康管理を支援し、事業を通じて地域・社会へ貢献していきます。

※ イベント後にアンケートを実施して満足度や生活習慣の変化・各種実績値を調査し、継続した効果検証を行っている。

参考 : 経済産業省HPより

「健康経営優良法人認定制度とは」
健康経営優良法人認定制度とは、保険者と連携し、日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目指しています。
本認定制度は、規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門に分け、それぞれの部門で「健康経営優良法人」を認定します。

「健康経営とは」
従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に中長期的な業績向上につながると期待されます。
このページの上部へ