ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

秋田県小安地域における地熱発電に向けた仮噴気試験の実施

2017年11月7日
出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:月岡 隆)、国際石油開発帝石株式会社(本社:東京都港区、社長:北村 俊昭)、三井石油開発株式会社(本社:東京都港区、社長:日高 光雄)は、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の助成を受け、2011年より秋田県小安地域にて地熱開発の共同調査を行っております。このたび、掘削した井戸の能力を把握するために仮噴気試験を実施しましたので、お知らせ致します。

1.地熱開発を取り巻く環境

日本には世界の約10%の地熱資源が存在しており、アメリカ、インドネシアに次ぐ世界第3位のポテンシャルを有しております。
地熱発電は天候に左右されずに安定的な電力供給が可能な再生可能エネルギーとして注目されており、東日本大震災以降、国立・国定公園内の地熱開発にかかる規制緩和や再生可能エネルギー固定価格買取制度施行に伴い、現在、国内各地で調査・開発が進められております。小安地域においては地下資源の探査・井戸の掘削・蒸気の供給など地熱開発のノウハウを有する3社が共同で2011年より開発を進めております。

2.これまでの調査概要

(1) 第1段階 2011年度完了

地表調査(地表地質調査、重力探査、電磁探査など)

(2) 第2段階 2012〜17年度(予定)

(1)掘削調査、搬入路整備など
 構造試錐井OYE-1〜7号井掘削を行い、地質構造、地下温度、透水性などを調査しています。
 ※構造試錐井:調査初期段階に地下構造や地熱の貯留状態を調査するために掘削する井戸

(2)温泉モニタリング調査
 近隣の温泉井において、温泉水の温度、湧出量、化学成分をモニタリングしています。

3. 今回の実施内容および目的

2012年度より掘削した構造試錐井のうち、2016年度に掘削したOYE-6号井にて仮噴気試験を実施しました。この試験を通じて、井戸の噴気能力(蒸気量)、地下温度、地熱流体の化学成分、井戸周辺の透水性などについて詳細な検証作業を行います。
※仮噴気試験 : 井戸の掘削に附帯して実施する蒸気の有無を確認する短期間の試験

4. 今後のスケジュール

今回の仮噴気試験をはじめとした今後の調査結果をもとに、第3段階の調査(試験井掘削、生産・還元試験、貯留層能力評価、環境調査など)への移行を2017年度中に判断します。
※試験井:数週間の生産・還元試験を実施するための生産井や還元井と同規模の井戸
仮噴気試験の様子
仮噴気試験の様子
get adobe reader
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
このページの上部へ