ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

石油製品配送におけるBCP訓練の実施について

2016年11月9日
当社(本社:東京都千代田区、社長:月岡 隆)は被災後速やかに石油製品の受注・配車業務を再開させるべく、11月7日・8日に物流部門においてBCP訓練を実施しましたので、お知らせいたします。
当社にとって石油製品の配送はエネルギーセキュリティの要であり、大地震が発生した際にも、高い耐久力や回復力が求められます。当社は8月31日に、「総合防災訓練」を実施し、従業員安否確認、対策本部設置など事業継続計画の実効性を確認しました。今回のBCP訓練は被災後の石油製品の受注・配車業務に焦点をあて、実施いたしました。

当社の中央配送管理センターは東京都中央区に位置し、石油製品の受注・配車業務を全国一元管理しております。当センターは災害に強い立地・施設にありますが、万が一、首都直下地震が発生して当センターの機能が停止し、停止期間の長期化が見込まれた場合には、災害の影響が無く、東京から陸路で移動可能な場所に代替機能(バックアップ拠点)を設けることが可能です。

当訓練では、バックアップ拠点で代替業務が実行できるか確認を行いました。本番さながらの緊張感のもと、本社、中央配送管理センター、運送会社が連携しながら、各エリアへの配送状況、受注・配車方針の共有化、被災地の優先配送先の選定を行い、代替業務が可能であることを確認いたしました。

当社はエネルギーの安定供給という使命を果たすべく、今後も実効性の高い訓練を繰り返し、災害対応力を強化してまいります。
このページの上部へ