ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束
文字サイズ
  • 標準
  • 大きい
  • お問い合わせ・ご意見
  • よくあるご質問
  • (別ウィンドウで開きます)用語集
  • Global
  • 中文
メニューボタンにマウスを置くとリンクメニューが表示されます
  • 製品・サービス一覧から探す
  • 事業部・会社名から探す
  • 名称から探す

2016年度入社式 社長メッセージ

2016年4月1日
本日、パレスホテルにて開催しました「2016年度入社式」における当社社長 月岡 隆による新入社員へのメッセージは以下のとおりです。

1.出光とはどういう会社か

わが社の経営理念の根本は、「人間尊重」という考え方です。この言葉を理念に掲げている会社はたくさんありますが、出光ではこの言葉を、「周囲からも、自ら顧みても、尊重される人間への成長を目指す」という深い意味で捉えています。そして、その理念を創業以来100年以上にわたって「実践」しています。これが出光という会社です。

2.経営基盤の強化と持続的成長に向けて

今われわれを取り巻く環境は大きく変化しています。中東情勢の混迷に端を発するテロの拡散、新興国の景気減速など、世界中で様々な変化が起きており、新しい秩序を模索する、大きなうねりの中にいます。
出光は、皆さんご承知の通り昨年7月に、昭和シェル石油との経営統合を進めるという大きな決断をしました。背景は、国内の需要減少に加え、過剰設備・過当競争という構造的な課題があり、このままでは「日本のエネルギー供給を支える」という社会的使命が果たせない、という強い危機感にあります。この危機感から、石油元売り業界の再編を検討するなか、ベストパートナーと見定めた昭和シェル石油と協議を進め、経営統合に向け一歩踏み出した次第です。
経営統合の取り組み以外にも、持続的成長に向け、ベトナム・ニソン製油所プロジェクトへの参画をはじめ、環境変化に対応した様々な事業構造改革を進めています。

3.皆さんに伝えたいこと

新入社員の皆さんへ、私からのアドバイスとして、以下の言葉を贈りたいと思います。
(1)「基本を身に着ける」
どんな仕事であっても、まず目の前の与えられた仕事に一生懸命に取り組み持ち場のプロとなることが重要です。任された仕事を徹底的にやり上げることが、基本を身に着ける唯一の道です。中でも、仕事の取組姿勢や人間としての基本である挨拶や礼儀を身に着けることは、最も大切なことです。「革新」や「型破り」という挑戦は、基本を身に着けた上で初めて可能になります。
(2)「周囲に支えられていることを知る」
私たちは、世の中のあらゆるものに支えられながら「生かされて」います。出光は、関わる人々、地域社会や国、更には世界の発展に貢献したい、と本気で考えている会社です。誰もが持つ自分優先という気持ちを超え、大きな目標の達成のために周囲と一致協力をすると、人の力が結集し大きな力になる、こういったことを皆さんにも是非経験してほしいと思います。
(3)「変化に挑戦する」
我々を取り巻く社会は常に変化しています。環境変化を捉えて自ら変化することは、企業としても生き残りに不可欠です。先程お話しした通り、出光も、環境変化に対応した様々な挑戦を行っています。これから皆さんが任される仕事でも、「今のままでよいか」という問題意識をもつことが重要です。その上で必要があれば、躊躇せず変化に挑戦して下さい。皆さんが1人前の社会人として飛躍するヒントになると思います。

これらを踏まえた上で、自律・自立した人間を目指してほしいと思います。それが、「周囲からも、自ら顧みても尊重される人間になる」ということに繋がります。
皆さんがそれぞれの強みを磨き、先輩や同期、将来の後輩、未来のパートナーである昭和シェル石油の仲間達と多様な価値観・個性をぶつけ合った上で、力を合わせて変革を起こし、新たな価値を生みだすことを期待しています。
出光は、経営統合によって新しい会社となった後も、社会的責任を果し、信念を貫いて行動することで一目置かれ、「世界にこんな会社が1つぐらいあってほしい」と思われる会社であり続けたいと思います。大きな志を持って、思う存分仕事に邁進してください。
皆さんの活躍に大いに期待して、私のお祝いの言葉とします。

<参考>2016年度新入社員数

(単位:名)

  大学院・大学 高専・高校等 合計
事務系 36 0 36
技術系 33 43 76
69 43 112
このページの上部へ